タグ: 法律記事一覧

【飲食店の許可・資格】テイクアウト・デリバリーの注意点!違法な商品と販売場所

違法な飲食店のテイクアウトとは。よく見る違法な販売事例から、営業許可が必要な業種、食品関係の営業許可一覧を紹介します。許可・資格なしにテイクアウトやデリバリーで自家製麺、自家製チャーシュー、ローストビーフ、冷凍した食品、焼肉セット、鍋セット、自家製調味料、デザートなどを販売すると無許可の違法営業になります。被害を生まないための注意点をお伝えします。

居抜き物件入居時の注意点!違法物件にならないために知っておくべきこと【建築基準法と消防法、条例】

店舗の建築基準法と消防法の注意点とは。既存不適格建物と違法建築の注意点、用途変更と確認申請、違法建築の損害賠償責任について、一級建築士が説明します。法改正により200㎡以下の用途変更が確認申請不要になり、用途変更と用途変更確認申請の誤解や、既存不適格建物の改装工事により違法建築物になることがあります。居抜き物件の入居を決める前に確認したいことを、建築基準法と消防法と東京都の条例の観点から、チェックポイント方式でまとめました。

【強制執行】不動産の差押え・仮差押えとは?不動産競売の申立てのすすめ方

強制執行の債権回収方法、不動産の差押え。不動産(土地・建物)の差押えを強制競売というのはいわゆる競りを行うため。不動産差押え、債務名義とは、不動産競売の特徴と流れ、仮差押えとの違い、仮差押えの手続きと費用、不動産競売の申立てに必要なもの・書類・費用など、わかりやすくまとめ、解説します。

分煙対策大丈夫ですか?今なら助成金制度活用でお得に分煙対策が可能です!

飲食店における受動喫煙法と法律、分煙対策の助成金ノウハウ、助成金の活用方法、企業分煙対策と効果、喫煙席を設ける方法などを分かりやすく紹介します。アイコスやプルームテック、グローなどの加熱式タバコの場合はどうしたらよいのかなども、分煙のプロフェッショナルJT(日本たばこ産業株式会社)に、無料で相談いただけます。

電子契約が救う!飲食店の無断キャンセルと、雇用契約・請負契約のコスト削減とは

電子契約とは、どんなリスクがあるのか。運用が増加している「電子契約」について調査しました。 印紙が不要になり、紙代、印刷代、郵送代、保管場所も不要、契約書の作成にかかる時間、検索にかかる時間も削減できるという電子契約のデメリットとは。クラウド型電子契約サービス「クラウドスタンプ」を提供する株式会社アクセルの高岡部長にお得な情報も教えていただきました。

少額な売掛金の回収手段について【強制執行Ⅱ】動産執行「家財の差し押さえ」

弁護士に頼まずに自分で行う少額訴訟と強制執行について。 少額訴訟で判決を勝ち取ったにも関わらず支払いが滞った際、強制執行(差押え)を行うことができます。差し押さえられる財産は一般的に、不動産(土地・建物)、給与・預貯金、動産(家財など)が対象となります。 申し立て手続きの流れと必要書類、執行までの流れについて説明しましょう。

【受動喫煙/全面禁煙化】飲食店のたばこ対応はどうなる?国の法令と地方条例の差とは

今まで数々の説が唱えられてきた全面禁煙化。 「受動喫煙対策」はどんな内容で施行されるのか。 原則禁煙という条件付き規制とは? 従業員の募集や求人の際に受動喫煙対策を明示する義務とは? さらに大手飲食店や居酒屋チェーン店の事例、飲食店以外のパチンコホールの全面禁煙化についてお伝えします。

きちんと理解していますか?付与や計算方法など年次有給休暇の基礎知識

10月は4月に入社した新入社員は年次有給休暇が付与される頃ですね。 今回は年次有給休暇についてお話しします。 ・年次有給休暇とは? ・発生時期や条件は? ・短時間労働でも発生する? ・時効で消滅する? ・支払計算方法 ・付与制度 ・計画付与 ・時間単位・半日単位の有休取得について ・時季変更権

【排煙窓とは?】誤解の多い「排煙」と「設置基準」を一級建築士がわかりやすく説明します。

排煙窓の概要や設置基準、重要性について一級建築士が説明。排気設備や換気設備との違い、排煙方法や設備の種類、法律の規定に対し、どう対処すべきなのか、設置が必要なケースと必要でないケースもわかりやすくお伝えします。

どこに何を提出すればいいの?飲食店開業における『消防法』と『保健所』の届出

飲食店の消防法とは。飲食店の開業にはさまざまな届け出が必要です。消防庁・消防署と保健所に出す書類と注意事項、ダウンロードURLと合わせて紹介します。 工事・使用開始前に届ける防火対象物使用開始届出書 、消防用設備設置届出書 、消防計画 、さらに開業前に届ける営業許可書 、深夜酒類提供飲食店営業開始届出書など、いつ・どこに・何を届け出れば良いのかわかりやすく説明いたします。

少額な売掛金の回収手段について【強制執行】 給料と預金口座の差し押さえ

今回は弁済が見込める給料の差し押さえと、銀行口座の差し押さえについてご紹介します。 少額訴訟を行って手に入れた「債務名義」により、裁判所へ「強制執行」の申し立てを行います。「強制執行」とは何か、対象となる財産は何か、注意する点は何か、まとめて紹介します。

【実録】隣の土地は借金してでも買え!不動産は儲かります!?

商業系の土地で体験した、ちょっとびっくりこれは儲かるかも!をご紹介します。 商業地の「土地評価」を考える際、その土地にどれくらいの面積の建物が建てられるのかのポイント、 そして「見る人が見れば」隣地を買うことによって考えもしなかったメリットを生む場合があること!をお伝えしたい。

【番外編】いったいどうなる?! 飲食店の全面禁煙化(受動喫煙対策…後退は必至?)

“厚生労働省案に対して、自民党の「たばこ議員連盟」は対案を発表。「厳しすぎる」との党内の反発を考慮した。” 厚生労働省や大臣が「やる!」と言っているのに、自民党が認めない? ではそもそも法律の案は誰がつくるのか? 「受動喫煙防止対策」の成立までの流れをたどります。

いったいどうなる?! 飲食店の全面禁煙化(第1回 これまでの経緯と厚生労働省案)

飲食店の全面禁煙化(受動喫煙防止)のニュースが世間を賑わせています。 これから先、一体どうなってしまうのか?全面禁煙にしたら売上が下がるのでは? 飲食店など、利用者側に他の施設の選択の機会があるものや、娯楽施設のようなものは、原則建物内禁煙としつつ「喫煙室」の設置が可能とは?

テナントオーナーが書類送検!?その時大家はどうする?-賃貸借契約は解除できるのか-

店舗の経営者が、書類送検された。 大家の希望どおり、賃貸借契約を貸主から一方的に契約を解除することはできるのか? 逮捕とか、書類送検とか、起訴とか、拘留とか…何がどう違うか? 書類送検の事実により契約の解除が可能なのか? 「正当な事由」とは何か?調べてみました。

少額な売掛金の回収手段について【差し押さえ編】

債務の支払いが滞ってしまった際に行う、差し押さえについて紹介します。 少額訴訟が終わり、裁判で支払いの約束が取り交わされても、そこからの回収がまた大変です。 「全然払わない」「分割にしたところ、途中で入金がなくなる」などもあるそうです。 そこで差し押さえの登場です。

希望エリアで店舗物件が見つからない場合の対処法

飲食店舗の物件探し。 「飲食可能物件」は少なく「事務所」で募集されている物件ばかり。 事務所物件を店舗として使用する場合は用途変更が必要なのか? 用途変更の確認申請は必要?もし未申請で営業した場合は? 事務所を飲食店で使用することは法律的に問題ないのか調査しました。

儲かるお店はやっている! ~開業後のキーワードは人材教育~

日頃より、飲食店経営者の人材に関するお悩みを多く耳にします。 中でも人材の教育に関しては、皆さん頭を悩ませているようです。 優秀なスタッフを育てること、優秀なスタッフの離職を防ぐことは容易ではありません。 飲食店には、雇用にまつわる助成金・補助金制度があります。

社会保険料の変更時期ってご存じですか?料率変更と等級変更に備えよう!

社会保険料が変わるタイミングとは。健康保険や介護保険、厚生年金保険をまとめて社会保険と言います。保険料率変更と等級変更、厚生年金保険料の改定、「定時決定(算定基礎届)」と「随時改定(月額変更)」、パートタイマー(短時間就労者)の算定方法、随時改定(月額変更)の変更、社会保険の加入対象について解説します。

火災発生時の責任はどこへ!?ほんとに恐ろしい「たばこ」火災!

【飲食店トラブル24時間緊急対応シリーズ】一番の原因はたばこの不始末? 消したつもりが、再び高温となって 燃え広がり、恐ろしい火災となります 実際に起きたケースをもとに、火災発生時に負う責任について、そして火災を防ぐために誰でもできる予防策についてご紹介します。