タグ: 食品ロス

食品ロスの原因や対策とは?飲食店のできる取り組み、利益改善につなげる解決策をご紹介

食品ロスの現状、原因・対策とは?日本では年間612万トンもの量にのぼるとされる食品ロス。飲食店で食品ロスを削減することは、利益改善にも繋がります。食品ロス率を計算し管理すること、適切な発注・在庫管理を行うこと、メニュー・レシピの見直しを行うことなど、飲食店でできる取り組みをご紹介します。

【新型コロナウイルス対策】食品の過剰在庫を乗り越えよう!飲食店・食品業者の救済措置・販売支援のまとめ

新型コロナウイルスによる食品の過剰在庫を乗り越えよう!飲食店、食品製造業・食品卸売業におすすめのフードロス対策、販売支援・救済サービス:くまポン、在庫ロス掲示板、KURADASHI.jp(クラダシ)、TABETE(タベテ)、 Otameshi(オタメシ)、Render(レンダー)による食品の過剰在庫の支援情報を紹介します。

「食品ロス削減推進法」成立!家庭でできる食品ロスを配慮する取り組み!

食品ロスとは?家庭の食品ロスの原因と、消費期限と賞味期限の違いは何か?食品ロスを減らすにためにできることとは。買い物の仕方、調理の方法、外食での注意点、その他の取り組みとして、困っている人への寄贈、食品ロス削減の通販サイト、飲食店の残り物をシェアできるアプリと、今日から食品ロスを減らすためにできることを紹介します。

食品ロス問題について考えた結果、フードシェアリングサービスを利用してみた。

廃棄されてしまう商品を割安価格で提供する『フードシェアリングサービス』。「TABETE」や「Reduce Go」といったアプリの使い方、実体験で感じたメリット・デメリットを紹介します。食品ロス、フードロス、食品廃棄と呼ばれる、まだ食べられるにも関わらず賞味期限などにより廃棄されてしまう食品の問題を、飲食店・消費者、それぞれの目線から考えます。

【食品ロス問題】海外での改善策は?食品廃棄を減らすために、お店・私たちができること

全世界の食品3分の1が捨てられているという食品ロス・食料廃棄の現状。 日本では毎日一人あたりお茶碗1杯分を無駄にしているという。 なぜ海外の対策が普及しないのか? 立ちはだかる衛生面の問題と“3分の1ルール”問題、そして食品メーカーや各企業での新たな取り組みをお伝えします。

【アンケート結果発表!】飲食店の「ライス残し」問題、お客様の要望vs飲食店側の対応は?

ここ数年、飲食店で増えている「ライス残し」問題。 “糖質制限ダイエット”が原因か?と考えられています。 予想以上に反響を呼んだ「飲食店であったらいいサービスは?」という店通独自のアンケートの中間結果と、実際に飲食店でどのような対策を施しているのかを、発表いたします!

もったいない!飲食店で増えている「ライス残し」解決策はあるのか?

飲食店におけるライス残しが増えているという実態! 定食のご飯だけを食べない、回転ずしでネタだけを食べる、ラーメンの麺だけを残す・・・。 糖質制限ダイエットがライス残しの原因と考えられます。 飲食店における食品ロスのうち、食べ残しが58%。 飲食店側に解決策はあるのか?