タグ: バー記事一覧

バーってどんなところ?初心者でも、一人でも楽しめる!定番おすすめカクテルは?

バーとは。お酒に詳しくなくても、ひとりでも楽しめる場所です。バー初心者も行き慣れてしまえばこちらのもの。チャージ、一杯の価格、カクテルの頼み方、お会計の仕方といったバーの基礎知識。そしてオーセンティックバー、ショットバー、スタンディングバー、ダイニングバーと、さまざまあるバーの種類。さらに、ショートカクテルとロングカクテル、カクテルのベースと定番カクテル、2本のストローがついてくるカクテルなど、カクテルの豆知識やおすすめについてなど、バーでの楽しみ方を紹介します。

【赤羽・イタリアンダイニングバー】旨いつまみ&こだわりのカクテルに酔う『Cocoqueur』

東京赤羽。せんべろや一番街の印象が強いここ赤羽で2018年5月、隠れた穴場「赤羽中央街商店街」に、イタリアンダイニングバー『Cocoqueur(ココキュール)』がオープンした。店内はさながらオーセンティックバー。マスターおすすめのカクテルとこだわりのお料理、そして独立開業に至るまでの経緯と今後の展望について伺いました。

【下北沢 ビアバー】人気のクラフトビールを味わおう。量り売り専門店『TAP&GROWLER』店内で角打ちも!

耳にすることが多くなったクラフトビールとその魅力とは? 下北沢のクラフトビールの『量り売り専門店』TAP&GROWLER(タップアンドグロウラー)の金井圭司さんにお話しを伺いました。 瓶詰専用機でグロウラーという瓶容器にビールを詰めて量り売りするTAP&GROWLER。常時18種類の樽生クラフトビールと、持ち込みOKの角打ちのスペースを提供しているという珍しい運営スタイルについても調査します!

恵比寿の新定番!?生演奏で歌える「カラオケ生バンドLIVE Bar ビッパラ」へ潜入してみた

音楽好きにはたまらない、「恵比寿カラオケ生バンドLIVE Bar bippara(ビッパラ)」にいってきました。 生演奏で歌うカラオケの仕組みはどうなっているのか。お店の様子と料金システム、在籍ミュージシャンの情報、恵比寿駅西口の飲食ビル「シエルブルー恵比寿南」までのアクセス方法もしっかり紹介します。

シカゴピザとは!?渋谷で大人気インスタ映えピザを食べに『Dining Bar UNTITLED』へ!

シカゴピザとは。渋谷の「チーズがあふれ出して止まらないシカゴピザ」を求めて、ダイニングバーアンタイトルさんへ。別名はスタッフドピザ、ディープディッシュピザと呼ばれる厚い生地に具材を詰め込んだピザ。渋谷Dining Bar UNTITLEDの住所は住所:東京都渋谷区宇田川町3?12MonostepII B1F、、渋谷駅ハチ公口から徒歩7分、営業時間は17:00~翌5:00、年末年始定休、電話:050-5570-7167。イタリアでしか食べられない希少な「ブラータチーズ」、柔らかくてジューシーな希少肉「カイノミのステーキ」も。写真映えもして、おいしく楽しめるメニューを紹介します!

水族館じゃなくてもホンモノのペンギンに会える!?「ペンギンのいるBAR」に行ってきた

池袋でペンギンとお酒が飲める「ペンギンのいるBAR」に行ってきました。 お店で産まれたペンギンの親子も含め、5匹のケープペンギンが、 ガラス張りのお部屋でヒョコヒョコ歩いたり、こちらをじーっと見つめたり、プールでプカプカしたり。記念撮影もできます。 広々とした店内は、カウンター席から個室まで60席あり、お料理のクオリティも高く、パーティやイベントにも喜ばれそうです。

本物のテキーラとは?酔わないテキーラ飲んできました!神田バル横丁『ドンテキーラ』

テキーラとは。アルコール度数が高いイメージですが、テキーラの原料、悪酔いしないテキーラの種類、テキーラショットの飲み方、テキーラベースのおすすめカクテル(テキーラサンライズ・メキシカンコーク・メキシカンモヒートなど)について「ドンテキーラ メキシカンバル」で伺ってきました。熟成の度合で分けられるブランコ(シルバー)、クエルボで有名なレポサド(ゴールド)、アネホについてと、テキーラの原料についても紹介します。

アンティーク家具の倉庫を大改造して飲食店に!二子新地「Grill&Bar C.A.S」

さて、今回ご紹介するお店は二子新地の街でひときわオシャレなダイニングバー「Grill & Bar C.A.S」。 雑貨店の商品倉庫を「アメリカの倉庫を改造したレストラン&バー」をコンセプトに飲食店に改造し「キャス」の愛称でオープン1周年を迎えます。 店舗の設計やインテリア商材を扱ってきたオーナーのお話をお伺いしていきます。

一期一会のクラフトビール!?下北沢「ビアバーうしとら」で自社醸造のオリジナルビールを楽しもう!

「ビアバー うしとら」は2006年に下北沢に壱号店を出店、3年後に同じ下北沢に弐号店をオープン。さらに栃木県下野市に自社ビール工場「うしとらブルワリー」を設立し、3年の間で約220種類以上ものオリジナルビールを製造。現在では週に1~2種類のペースで新しいビールが登場する「一期一会」のビールなのです!

常連客の増えるお店とは!?居心地の良いお店について聞いてみた

いきつけのお店を見つけたいと思ったことはありますか? バーは「高そう」「お酒に詳しくない」などの不安がありますが、そんなイメージを払拭するのがカジュアルバー。「お店で常連になるには?」というテーマにスポットをあて、カジュアルバーのマスターに居心地の良いお店の雰囲気を作り出す秘訣をうかがいました。