食材でおいしく健康に!ウイルス対策・免疫力アップ、ストレス改善やアレルギーを緩和する食べ物とは

免疫力アップとウイルス対策、風邪予防に殺菌・抗ウイルス作用や、ストレス対策・睡眠改善、花粉症などアレルギー症状の緩和、疲労回復、冷え性からくる肩こり、整腸作用の効果・効能が期待できる食材とは。偏った食事に気をつけて、食材でおいしく健康になるには。

効果効能別に、おすすめの食品をご紹介します。おいしく体によい食品を積極的に取り入れて、心も体も元気に過ごしましょう。今回は、食材を効果効能別に紹介します。

免疫力アップ

免疫力を高めるために、まずは体内で最大の免疫器官である「腸」を整えましょう。なんと腸には、からだの免疫細胞の7割が存在すると言われています。
 

■乳酸菌飲料・ヨーグルト

乳酸菌には、さまざまな種類があり、それぞれ効能も違うといわれています。そのため、ヨーグルトや乳酸菌飲料であれば、求めている効果が期待できる商品を選ぶとよいでしょう。
 
乳酸菌飲料の種類ごとの効果効能、実際に試してみた結果は、「【ウイルス予防ヨーグルト】乳酸菌で免疫力アップ!1年間で実感した効果・効能」から、
ヨーグルトの銘柄別の効果効能は「ヨーグルトの健康効果・効能!乳酸菌の種類によって変わるメリットとは?」からご覧ください。

■キムチ

キムチは植物性の乳酸菌「ラクトバチルス」を含みます。ただし、お店には発酵していないキムチ風味の漬物も並んでいます。発酵しているものでないとキムチの健康効果は得られません。見極めの方法は「キムチの健康効果と乳酸菌の効能とは?正しい食べ方で、便秘改善・美肌効果」をご覧ください。

■納豆

納豆は、納豆菌による整腸作用で、免疫力のアップに繋がります。納豆菌は熱に強く腸まで届くので、調理しても安心です。記事では納豆の効果的な食べ方や、健康の相乗効果が得られるチョイ足しレシピもご紹介しています。

■きのこ

きのこは、免疫の活性力を高め、細菌やウイルスに対する抵抗力を高める効果がある「β-グルカン」を含みます。特にきのこの中でも、まいたけで含有量が最も多くなっています。

ウイルス対策、風邪予防に!殺菌・抗ウイルス作用

■はちみつ

はちみつには、殺菌効果が期待できます。しかし「非加熱のはちみつ」でないと、その効果は期待できず、非加熱かどうかは食品表示のラベルで見分けることができません。非加熱はちみつの見分け方は「【はちみつの効果・効能】ウイルス対策にも?高い栄養価で健康・美容にいい本物の蜂蜜とは」から、ご覧ください。

■お茶

緑茶の渋み成分である「カテキン」に抗菌・抗ウイルス作用があります。ペットボトルのお茶より、急須で淹れたお茶の方がより健康効果を期待できます。お茶の健康効果と、急須でおいしくお茶を入れる方法は「お茶の抗ウイルス効果とは?緑茶のすごい効能と健康に効果的な飲み方と入れ方」よりご覧ください。

■しょうが

生のしょうがには抗炎症作用や殺菌作用があります。簡単にしょうがを取り入れられる方法として「しょうが湯」があります。しょうが湯を飲む際は、生のしょうがをすりおろしたりスライスしたものを使用すると効果大。記事では、生姜湯の作り方とアレンジレシピも紹介しています。
 

ストレス対策・睡眠改善

■えのき

えのきには、神経の高ぶりを抑制する神経伝達物質「GABA」が含まれているため、ストレスをやわらげる効果が期待できます。また、体をリラックスさせる働きにより、安眠を促進します。

■くるみ

くるみに含まれるトリプトファンから合成されるセロトニンは、精神の緊張をやわらげ、寝つきをよくします。ストレスを減少させる効果も期待できます。効果的なナッツ類の食べ方・選び方は「【ナッツの効果・効能】健康と美肌に効果的なナッツとは?1日25g、ベストな食べ方!」からご覧ください。
 

■緑茶・抹茶

緑茶・抹茶に含まれる抹茶に含まれるテアニンは、ストレス状態にある脳の興奮を抑え、神経を鎮める働きがあります。それと同時にリラックス成分を増やすとされていて、睡眠改善効果も期待できます。テアニンは緑茶よりも抹茶に多く含まれ、一般的な緑茶のなんと約10倍も含まれています
 

花粉症などアレルギー症状の緩和

■カカオ

アレルギーは、活性酸素が異常に作られてしまうことで発症します。カカオポリフェノールには、アレルギー症状発症の各段階で活性酸素の働きを抑える役割があります。効果的なカカオの取り入れ方は「【ココアの効果・効能】ポリフェノールの偉大な健康効果と純ココアのうれしい効能」よりご覧ください。

■ルイボスティー

ルイボスティーには、SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)と呼ばれる酵素が多く含まれており、余分な活性酸素を抑制する働きがあります。SODが、アレルギー症状や老化の原因と言われている活性酸素を抑制することから、花粉症やアレルギー体質、シミやシワなどの改善に効果があると期待されています。紅茶専門店に取材し、おいしい飲み方を教わりました。
 

■乳酸菌(L-92乳酸菌)

乳酸菌のひとつ「L-92乳酸菌」は、花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状緩和に効果があるという研究結果が発表されています。L-92乳酸菌を含む乳酸菌飲料は、「【ウイルス予防ヨーグルト】乳酸菌で免疫力アップ!1年間で実感した効果・効能」でご紹介しています。

■玉ねぎ

玉ねぎには「ケルセチン」というポリフェノールが含まれます。これには抗炎症作用があり、アレルギーの症状改善にも効果があります。栄養摂取の効率が良い食べ方は、「【玉ねぎの健康効果と効能】栄養を逃がさない!玉ねぎの切り方レシピと保存法」からご覧ください。

 

疲労回復

■はちみつ

はちみつの糖分は、単糖類に分類されます。単糖類とは、それ以上分解する必要なく消化吸収される、消化器に負担をかけない糖分のこと。そのため、エネルギーに変わるのが早く、体力を消耗した体に早く効きます。疲労回復効果抜群なはちみつレモンのレシピも、記事ではご紹介しています。

■酢

お酢のすっぱさのもとである酢酸とクエン酸には高い疲労解消効果があり、疲れない体を作ることができます。お酢は単体でもいいですが、納豆に混ぜ合わせて「酢納豆」にすると、さらなる健康効果が期待できます。「【酢の効果・効能と正しい摂り方】大さじ1杯で驚くべき健康効果を発揮!酢納豆」では、酢納豆の効果効能・作り方もご紹介しています。

■きのこ

疲労回復のビタミンである「ビタミンB1」を含み、糖質の代謝を行い、脳や神経系の働きを維持します。とくにえのきに豊富に含まれます。

冷え性からくる肩こりに

■生姜

しょうがは、加熱して乾燥させると「ジンゲロール」という成分が変化して「ショウガオール」になります。ショウガオールは、血管を拡張させ血行を促進し、体を全身から温めてくれます。そのため、冷え性と切っても切れない関係にある肩こりなど、筋肉の血行不良が原因で起こる症状の改善にも効果が期待できます。加熱して作る乾燥生姜の作り方は「【生姜の効果・効能】風邪予防や冷え性改善に効く生姜を使った飲み物とそのレシピとは」からご覧ください。

整腸作用

食物繊維には、水に溶ける水溶性のものと、水に溶けない不溶性のものがあります。それぞれ整腸作用のための役割が違うので、不溶性と水溶性の両方の食物繊維を摂ることが大事です。
 

■納豆

納豆は、納豆菌と食物繊維により整腸作用が期待できます。納豆菌は熱や胃酸に強く、生きたまま腸に届き、腸の調子を整えます。また、食物繊維は水溶性と不溶性のものがバランスよく含まれています。

■ブロッコリー

野菜の中でも特にブロッコリーには、豊富な食物繊維が含まれています。腸のぜん動運動を促進し、便秘の解消に効果的ですが、ブロッコリーに含まれる食物繊維は水に溶けない不溶性の食物繊維なので、ひどい便秘の方はかえって悪化させてしまうことがあります。水溶性の食物繊維(わかめ、オクラなど)もしっかり摂取するようにしましょう。

■乳酸菌

乳酸菌には、腸内で形成された細菌のバランスを調整し、環境を整える働きがあります。乳酸菌は生きて腸まで届くものと、そうでないものがありますが、死んだ乳酸菌である「死菌」にも整腸作用があることがわかっています。

 

偏った食事に気をつけましょう

今回、目的別にさまざまな効能をもつ食品をご紹介しましたが、特定の食材に偏って食事をしてしまうことはかえって健康リスクを高めます。
きちんとバランスの取れた食事をすることを心がけながら、ご紹介した食材もぜひ食卓に取り入れてみてください。

店通編集部

f:id:tentsu_media:20200427130207j:plain