飲食店スタッフがネイル!?現役ネイリストが教える簡単ハンドケア

飲食店のバイトのネイルはクレームになる?ネイルをしたいけどできないという人も多い飲食店のホールスタッフ。爪の補強にもなるネイルケアとは。飲食店の料理にかかわる方のマニキュア・ジェルネイル・スカルプネイル・透明トップコート・コーティングといった爪のお手入れや、男性ネイルの市場調査とは。ネイルデザイナーさんに飲食店や医療系勤務の方に向けた手や指先のケア方法について聞きました。

たしか10年くらい前まではひと括りに「ネイル」と呼ぶのではなく「マニキュア」と呼ぶのが主流だったような。
 
私のなかでマニキュア(ポリッシュ)は、お祝いごとなどの特別な日に塗るイメージがありました。爪に塗るだけだったものが、いつしかジェルネイルやスカルプネイルなどが流行った影響もあり、後にくっついているネイルだけを取ってそう呼ばれるようになったのかなと思います。
 
f:id:tentsu_media:20180119155922j:plain
 
前置きが長くなりました、こんにちは。そんな世の中の流れを喜んでいるうちの1人であり、例に漏れず定期的にネイルをしている「民生委員」です。
 
飲食店のバイトや社員のスタッフの皆さんにとっては「さすがにネイルと飲食店は関係ないでしょ」って思っているかもしれませんが、そんなことはない!と声を大にして言いたい。ネイルをしている人は、他人の爪や指先を結構気にしているのです。飲食店に重要な身だしなみにも関わるお話を今回はご紹介します。
 

侮れないネイルケア!市場規模は年々増加している

 
今回のテーマである「ネイル」について調べてみます。NPO法人日本ネイリスト協会が発表した「ネイル白書2016-17」最新ネイル市場調査結果 によると、このネイル産業の市場についてこう述べています。
 

ネイル産業全体の売上は、2015年には2,223億円と推計され、2016年には2,247億円に達すると見込まれており、緩やかながら拡大している。消費者へのネイルの浸透は進んでいるものの、セルフネイルの広がりなどによって、市場の大きな割合を占めるネイルサロンの売上が緩やかな伸びにとどまっていることが主な要因となっている。

 
市場は緩やかな増加とありますが、近年では男性のネイリストも増えるなど関心の高さが伺えます。これだけ多くの人たちが気にしているのだから侮れないんじゃないか。と思う次第であります。ネイルをしている私も、いちサービス利用者として言わせてもらうと、飲食店スタッフの皆さんの手や指先が気になることもしばしばあります。
 

お店で手や指先が気になるのは特にこのような場面
・おしぼりを手渡されたとき
・注文を取っているとき
・料理や飲み物を配膳するとき
・お会計のとき
 
このように、サービス業において指先を見る機会は意外と多くあります。指先や爪のカタチがキレイなのに、水仕事だから手が荒れていたり、ましてや絆創膏をしてる人を見かけると「何て勿体ない!」と。特に絆創膏は異物混入の危険性や衛生上の観点からしても避けたいところです。
 

手や指先のケアで印象UP!飲食店スタッフ向けのネイルケアとは?

水仕事もある飲食店の現場で働くスタッフの皆さん。サービス業だからとキレイになることを諦めたくないですよね。手や指先を派手に着飾るだけがオシャレではありません。普段ネイル以外に何かできないかな?
 
手入れの行き届いたナチュラルで美しい指先を与えてくれるサロン「Anything Nail&Care」で私のネイルを担当してくれている、マネジャーでありトップネイルデザイナーの森脇しおりさんにこの気持ちを伝えたところ、とても共感をいただきました。そこで飲食店スタッフの皆さんにもできる、手や指先のケア方法について聞いてきました!

f:id:tentsu_media:20190621174415j:plain
 
-飲食店スタッフの皆さんにおすすめのケア方法は?
キューティクルオイルを塗るだけでも、ささくれ予防になります。それだけでも効果はありますが、私は甘皮ケアをおすすめしています。甘皮は固くなると角質化し、そのままにしておくと水分を奪ってしまうので、爪が乾燥してぱりっと割れやすくなるんです。なので、その角質化した部分だけを取り除いていきます。
 
1.ぬるま湯に指先をつけて 2.少しふやかした後 3.ウッドスティックにコットンを薄く巻きつけて 4.優しく押し上げて出てきた角質(甘皮)をガーゼでくるくると除去してあげるといいですね。そのあとキューティクルオイルやハンドクリームで保湿することもお忘れなく!
 
-その際の注意点はありますか?
力まず、優しく行うこと。それと、甘皮ケアをやりすぎないこと。です(笑)そもそも甘皮は爪と皮膚の間にばい菌が入らないよう守る役目を担っています。必要以上に甘皮処理をすると、爪の周りが赤く腫れたり、爪の成長に影響が出て表面がボコボコになったりします。
 
甘皮ケアを行うのは2週間に1回程度で十分です。頻繁に行うと、炎症などの指先のトラブルも増えます。また、爪が伸びてきたときには爪切りを使用するより、やすりで削った方が爪の負担が減るのでいいですよ。
  

f:id:tentsu_media:20190621174810j:plain
 
-ジェルネイルは爪の補強にもなると聞きましたが、本当ですか?
 
はい、厚みが出て補強になると思います。水に濡れてもOKなのも魅力です。「マットトップ」という艶消しのトップコートがありますが、これだとあまり目立たなくていいですよ。実際、飲食店や医療系勤務のお客様にも好評を得ているんです。水仕事や、薬品等扱うお仕事だからこそ、爪の補強を兼ねているとおっしゃってました。
 
-最後に一言お願いします。
ネイリストは「ネイル」の施術だけではなく、爪やハンドケアのプロでもあります。先ほど紹介したセルフケアは手軽にできて良いのですが、プロの施術は格別です。“ネイルをしないので行きにくい”と思われるかもしれませんが、サロン的には大歓迎なので是非とも試していただきたいです。
 

最後に

 
飲食店はさすがにお洒落な「ネイル」は難しい。しかし、普段のお手入れやプロが施すケアにより、派手なネイルをしなくても手先が少しでもキレイに保つことができます。爪の補強にジェルネイルをするという声も、とても新鮮な発見でした。
 
飲食店スタッフの皆さんの手がステキなことに越したことはないですよね。こういった身だしなみを通して、お客様に与える印象を考えてみるきっかけになれば嬉しいです。
 

Anything Nail&Care 店舗情報

 
f:id:tentsu_media:20180126135229j:plain
TEL  :0422-69-2337
MAIL :nail.anything.since2015@gmail.com
公式HP:パラジェル認定サロンAnything Nail&Care | パラジェル |
営業時間:10:00〜21:00(19:00最終受付)
住所  :東京都武蔵野市吉祥寺南町2-20-4
(プライベートサロンのため、住所の詳細はご予約時にご案内いたします)
f:id:tentsu_media:20180126135421j:plain
  

民生委員

 
f:id:tentsu_media:20190621174415j:plain