【飲む人といっしょ】酒は飲まねど飲み会したい【飲まない人も連れてって】

昨今ではお酒を飲めない、飲まない若者が増えているという。 お酒を飲めない者が割り勘負けする…なんて事から、飲み会に参加する事を遠慮しているかもしれない。 「ムール貝&ビストロ massa中目黒」にご協力いただき、飲む人、飲まない人が共存できる飲み会は存在するのか、調査していこうと思う。

~とある日の店舗流通ネット~

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「AB蔵さん、これから飲みに行くんですけど一緒にどうですか?」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「オゴり?」

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「なんでだよ!? ちゃんと割り勘だよ」

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「あー、でも割り勘だとAB蔵さん、損しちゃいますよね…

お酒飲めないから」 
 
f:id:tentsu_media:20170526171152j:plain
●登場人物(写真左から)
TNK…店舗流通ネット営業部。食いしん坊で日に日に大きくなっている。お酒も大好き。
那須ありぺ…店舗流通ネットプロモーション課。よく見ると目が死んでいる。お酒はあまり飲めない。
ピーカン…店舗流通ネット法務室。アイドルとせんべろが好き。
AB蔵…店舗流通ネット営業部。居酒屋では飲む人の同等の飯を食らう。
 
●本日の呑みどころプランナー

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain店舗流通ネットプロモーション課。元売れないアイドル。美しいものをこよなく愛す、海町育ちのセールスプロモーター。夜の街で働いていた経験とコネを生かし、数々の飲食店データが脳内に蓄積されている。

 
そう、AB蔵はお酒が飲めないのだ。グラス1杯の量でも体がかゆくなり、頭がふらつくほどだ。お酒の味は理解できるが、アルコールを体が受け付けないのである。
 
昨今ではお酒を飲めない、飲まない若者が増えているという。ほとんどの飲食店ではソフトドリンクよりお酒の方が高めの値段設定となっており、お酒を飲めない者が割り勘負けする…なんて事から、飲み会に参加する事を遠慮したりされたりしているかもしれない。
 
飲む人、飲まない人が共存できる飲み会など、果たして存在するのだろうか。今回の記事では、それを調査していこうと思う。
 
実際、割り勘負けの話はAB蔵もよく言われる。但しAB蔵を知らない人には、だが。
 

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「その分食べるから、割り勘負けとか考えなくていいよ。ていうかそっちが負けるんじゃない?」

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「そうだよ、こいつめちゃくちゃ食べるじゃん」※参考:AB蔵二杯食べるってよ!

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「周りが酔っていたりしても問題ないですか?」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「そういう場でしか聞けない話もあるだろうし、参加すること自体は好きだよ。あと…周りが酒に酔って壊れていく様を一人冷静な状態で眺めるのも楽しいんだよね!

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「なんだこいつ」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「ただ理想を言えば『フードにちゃんと力を入れている店』だとより楽しいかな」

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「腹ペコキャラとしてはやっぱりおいしいものが食べたいですね」

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain「じゃあ『飲む人にとってはドリンクが豊富』で、『おいしいイチオシ料理』も兼ね備えているお店ですか…」

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「あ、デザートも忘れないでね」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「それな」

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「この2人がどんどんハードルを上げていく…」

 
話し合いの結果
 
・酒類が豊富
・フードに力を入れている
・飲み会にも使えるキャパシティ
・おいしいデザート!
 
果たして、そんな都合のいい店があるのだろうか… 

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain「そんな都合のいい店は、・・・・ありまぁす!」

 
オカニワが紹介する飲む人も飲まない人も楽しめる都合のいいお店とは!
 

11種類のソースを選べるバケツ蒸しムール貝とビストロ massa (マッサ) 中目黒

f:id:tentsu_media:20170601150402j:plain
 
f:id:tentsu_media:20170601155903j:plain

中目黒駅から徒歩3分の場所にある3階建ての一軒家ビストロ。こだわりの厳選食材で作るシェフ特製メニューは、どれも逸品!席タイプもメニューも豊富なので、コースでゆったりと優雅な時間を過ごすもよし。アラカルトで仲間とワイワイ楽しむもよし。
 
取り揃えてあるワインはなんと約50種。国や地域の枠にとらわれず独自の目線でセレクト。スペシャリテのムール貝やメインの肉料理まで全体通してマリアージュを考え厳選しています。バリューワインからプレミアムワインまで幅広くお楽しみいただけます。
【4/1 OPEN】 ムール貝&ビストロ massa 中目黒 (マッサ)

www.hotpepper.jp
 
かくして一行は中目黒へと向かった。
 
f:id:tentsu_media:20170531122744j:plain


f:id:tentsu_media:20170601122541j:plain

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「雰囲気がオシャレすぎる。これは覆面NGになりますわ」※覆面NGの為、覆面イラストで代用しております。

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain「ここは今年の4月にOPENをしたばかりの新店で、ムール貝のバケツ蒸しがイチオシなんですよ」

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「さすがですねー!オカニワさんは何人の女の子とここに来たんですか?」

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain「……さ、予約してあるんで早く入りましょ」

 
今回massaさんにご案内していただいたのは、2階のテーブル席。1階にはカウンター席もあり、1人、2人でも気軽に入れる雰囲気があった。
 
f:id:tentsu_media:20170530181343j:plain

食べる組

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「すごい! ムール貝のワイン蒸しのソースバリエーションが豊富!」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「上から順に行っとく?」

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain「それは御一人で来ていただいた時にお願いします」

 
飲み組

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「ワインだけじゃなく、お酒の種類も豊富に用意されてますね」

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「ムール貝に合うワインってどれかなぁ」

 
飲み組はお店のお奨めでスパークリングの白を、食べる組はワイン用のブドウから作られるジュース、ファルツァートラウベンザフトの赤白をそれぞれ出していただいた。

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「飲めない人にもぶどうを楽しめるおもてなしがあるなんて…!ワイングラスで飲むぶどうジュース、うれしさある。」

 

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plainオ・カ・ニ・ワ's POINT!

 
f:id:tentsu_media:20170601123606j:plain
今回お店にお奨めをしていただいたのは「クレマンド ブルゴーニュ クロード・ゲラエール」。シャルドネ100%のスパークリングワインです。
シャンパーニュと同じ「栽培方法」「品種の栽培」「醸造方法」「土壌」であり、限りなくシャンパーニュに近い味が手軽に楽しめるスパークリングワインです。品種までクローンを使用するというのが稀。「間違いない」やつです。
 
泡ものは胃を活発にさせるので、食前酒として1杯目に最適です。また、こちらのクレマンド ブルゴーニュ クロード・ゲラエールは魚介類に良く合うお酒ですから、今回のお料理もより一層引き立ててくれるでしょう!
 
そして飲めない人にはこれ!ぜひ飲んでいただきたい。「ファルツァー・トラウベンザフト」ワインに使用する葡萄で作ったジュース。ワイン用の葡萄なので、香りもよく料理を際立たせてくれるジュースなんです。産地がドイツであること、ドイツワインは評価の要素として甘さとうまみを重視しているので、お酒が飲めない人だけでなく、お子様にもオススメです。
 
オーナーがソムリエというだけあって、センスを感じますね。
 
全員「それでは~~~…乾杯!」
 
f:id:tentsu_media:20170530181405j:plain
 

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「ムール貝のバケツ蒸しを白ワイン蒸し、ブイヤベース漁師風、ゴルゴンゾーラのエスプーマで500gずつお願いします。それからクレソンマッシュルームサラダも」

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「(迷いがない…)」

 
まずはワインのお供の生ハムと、クレソンマッシュルームサラダ
f:id:tentsu_media:20170601142839j:plain

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「生のマッシュルームってこんな香りなんだ」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「クレソンのみずみずしい香りと苦みで胃が動いてきた。戦闘準備完了。」

 
・ムール貝バケツ蒸し「白ワイン蒸し」
f:id:tentsu_media:20170530181533j:plain
お店の目玉商品であるムール貝を3種のソースで頼んだ。最初は白ワイン蒸しだ。500gでもかなりボリュームがある。ムール貝の味がよくわかるオーソドックスなソースは、最初に注文をお奨めしたい。

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「ワインによく合う!」

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「ピーカンさん、これはお酒が進みますね~。もう一回乾杯しましょ」

 
 
・ムール貝バケツ蒸し「ゴルゴンゾーラのエスプーマ」

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「!?こ、これは・・・・」

f:id:tentsu_media:20170530181613j:plain

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「何この…何?貝はどこ?」

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「ふわふわの泡のソースだね!貝はこの下に…じゃじゃーん!ありましたよ!」

f:id:tentsu_media:20170530181625j:plain
2種目は真っ白なソースに覆われた、ゴルゴンゾーラのエスプーマ。こちらは意外にも冷たいソースだった。見た目は軽そうなふわふわのソースだが、食べてみると濃厚な味が広がる。生クリームと合わせているのだろうか、ゴルゴンゾーラの癖は抑えられていて、濃厚なのにムール貝の味を邪魔しない。…うますぎる。

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「これ、ソースをバケットに付けてもうまいっす」

 
 
・ムール貝バケツ蒸し「ブイヤベース漁師風」
f:id:tentsu_media:20170530181644j:plain

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「見た目からすごいご馳走感」

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「これ一品だけでも具材のバリエーションが豊富!」

f:id:tentsu_media:20170530181655j:plain
3種目はブイヤベース漁師風。写真の通り、海鮮が贅沢すぎる程使用されている。ムール貝はメインというよりは一歩下がって全体の一部、という感じにも思えるが、ムール貝から出る出汁がブイヤベース全体に広がってうま味に貢献している。同じムール貝でもソースの幅が大きく、全く飽きがこなかった。
 
f:id:tentsu_media:20170530185116j:plain

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「あ、僕はビールに変更します。ビール、ビール。あぁ~ビールも合うなぁ」

 
f:id:tentsu_media:20170530185129j:plain

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「ピーカンさんもどうっすかビール」

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「いや、ワインでいいよ。っていうかTNK見てごらん」

 
f:id:tentsu_media:20170530181738g:plain
 

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「早く食べないとなくなるよ」

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「マジかよ!」

 
f:id:tentsu_media:20170530183027j:plain

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「悪いね」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「もう500g位いけるかな」

 
ムール貝の残ったソースを使って〆のメニューの注文が可能。リゾット、フェットチーネ、スパゲッティーニから好きなものが選べる仕様だ。

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「白ワインソースでスパゲッティーニ、ゴルゴンゾーラでリゾット、ブイヤベースでフェットチーネの組み合わせでお願いします」

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「(やっぱり迷いがない…)」

尚、この組み合わせはベストだとお店の方に褒めていただきました。
 

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「あと、鶏白レバームースください」

 
・鶏白レバームース
f:id:tentsu_media:20170530183059j:plain
 
鶏白レバーとは、フォアグラに似た鶏の脂肪肝だ。とはいっても真っ白という訳ではなく、写真でわかるように薄くピンクがかっている。しかし通常のレバーと比べると色の違いは一目瞭然だ。レバー臭さがなく、トロっとした油が大変口当たりが良い。レバーが苦手だという人にも一度口にしていただきたい一品。
 

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「おいしい! 臭みが全然ない! …この黄色いのなんだろう」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「……マーマレード? 柑橘類の皮の砂糖漬けかな? これと一緒に食べると風味が際立つ感じがする」

 
 
・〆の一品 ゴルゴンゾーラのエスプーマソース×リゾット
f:id:tentsu_media:20170530183112j:plain
 
先程のゴルゴンゾーラが、冷たいソースの時とはまた違った風味になって帰ってきた。濃厚なチーズの香りと、本格的なリゾット。そう、きちんとアルデンテに仕上がっている。「リゾット」と言いながらおじやのようなものを出す店も多い中、こちらはイタリアンのきちんとしたリゾットだ。大変に美味。

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「うわぁ、これおいしいなぁ」

 
・〆の一品 ブイヤベース漁師風×フェットチーネ
f:id:tentsu_media:20170530183136j:plain
 
見た目はシンプルながらも海鮮の風味をしっかり残した深い味わいだ。濃厚なブイヤベースは、フェットチーネと良く絡み合っている。リゾットでも合いそうなソースだ。今度はリゾットで頼みたい。
 
 

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「濃厚な料理にはビールでさっぱりするのもありだね。私もビールください!」

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「これも合うな~~~~」

 
 
・〆の一品 白ワインソース×スパゲッティーネ

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「あれ? 最後の料理きた?」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「え、もう食べちゃったよ? ビールで乾杯してる時に」

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「オイ! まだ写真撮ってないよ! つーか私の分は!?」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「すみません…」

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「何考えてんすかAB蔵さん!」

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「キールロワイヤルください」

f:id:tentsu_media:20170601161741j:plain
 
 

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain「皆さんそれぞれお楽しみいただけたようですね!じゃあこれで終わりで…」

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「ちょっと待った!」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「まだデザート食べてない!」

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「ええ…まだ食べるんですか」

 
・ガトーショコラ
f:id:tentsu_media:20170530183156j:plain
濃厚でビターなガトーショコラだ。ほんのり苦味があるから、バニラアイスとの相性が抜群。フルーツソースとも良く合う。
 
・マスカルポーネのアイス
f:id:tentsu_media:20170530183206j:plain
個人的な推しはこちら。かなり濃厚なマスカルポーネのアイスだ。風味がしっかりしていて、舌触りはなめらか。コーヒーゼリーが下に敷き詰めてあり、濃厚なアイスとゼリーの苦味がベストマッチ。これには感動した。
 
 
~これにてお食事終了~

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain「満足されましたか?」

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「最高でした」

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「大変おいしいお酒でした」

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「僕もです。もっと色々呑みたかったですけど、空気読みました」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「まだ気になるメニューがあるんだけど…」

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain「1人で来てください」

 

お会計

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「オカニワさんは今回案内役でほとんど飲み食いしてないから4人で割り勘ね」

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「えーっと、一人5,778円で」

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「待った!さっきの〆の一品の件も含めて、AB蔵は確実に全体の料理の半分は食べているはず…」

f:id:tentsu_media:20170530183239j:plain

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain「じゃ、AB蔵さんが10,000円負担で、残りを4人で割りましょ」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「は!?」

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain「仕方ないっす」

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain「うーん、〆の件があるから擁護できないです。」

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plain「はやくして」

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「えぇ…嘘だろ…」

f:id:tentsu_media:20170530183258j:plain

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain「これは割り勘じゃない!」

 
 

さいごに

AB蔵は大食らいの為、今回は図らずも「お酒飲めないチームのAB蔵が一番お金を使った」という結果になってしまったが、お店の雰囲気、メニュー、料理のクオリティ全てにおいて食べる組、呑み組共に大満足の結果となった。
 
しかし、人が変われば好みも変わる。好みが変わればお店も変わる。という事で、皆さんもシーンやメンバーに合わせたお店選びで、飲む人も飲まない人も楽しく飲み会しましょう。
 
最後に、参加したメンバーからの感想で、今回の企画を締めさせていただく。
 
●お酒飲むチーム

f:id:tentsu_media:20170526155033j:plain普段はお酒を安く沢山飲むぞ!というスタンスが多いのですが、今日はしっかりとお酒の説明も聞くことが出来て、飲まない人もいるおかげで{飲み会時間を楽しむ}という時間が過ごせたような気がします!

f:id:tentsu_media:20170526155024j:plain私も今日をきっかけにワインに興味が出ました!ついついお料理を楽しむ事が疎かになってしまう事も多いのですが、今日は料理も楽しめました!

 
●お酒飲めないチーム

f:id:tentsu_media:20170526154952j:plain料理が全て最高だった。こだわりのぶどうジュースも飲めて、ノンアルコールなりの{料理と合う飲み物}を楽しめたように感じる。お酒にこだわりを持っているお店は、得意分野を生かしたノンアルコール飲料を提供してみると、また違った話題を呼べるのかもしれない。宜しければ、検討してみてほしい。会社の飲み会でこのクオリティの料理を楽しめる機会は、思い返してみれば多くない。非常に上品で楽しい時間を過ごせたと思う。少し値段は張るが、この文化が当たり前になって欲しい。

f:id:tentsu_media:20170526155002j:plainゲップ

 
 
www.hotpepper.jp
massa中目黒さん、ご協力ありがとうございました!

AB蔵

店通編集部 オ・カ・ニ・ワからのお知らせ

f:id:tentsu_media:20170526155014j:plain今回の記事のような店通-TENTSU-テイストの『お店のPR記事』承っています。ご希望・ご用命ございましたら、どしどしお待ちしています。画面内のどこかにあるこちら⇒f:id:tentsu_media:20170616141546p:plainのお問い合わせフォームよりご相談ください。

 
 




f:id:tentsu_media:20170526171152j:plain