【勝手に検証企画】体力勝負の飲食業界、疲れを残さない方法!!

今回は体力勝負の飲食店の皆さまに、疲れを残さない自慢の秘訣をご紹介させていただきます。 「つるせんにん新橋駅前店」のスタッフの方々に取材し、疲れを残さない方法を検証します。 なお、疲労度の検証はアプリ『LIFE OPTIMIZER』を使用致します(指先をカメラにあて、心拍を計測し、HRV値を用いて疲労度を計算する)。

はじめまして。自称『九州からの侵食者』、ウシロノです。


まずは自己紹介からさせてください。ワタクシはバイリンガルではないのに、なぜか外国人オーナーの方からの商談が多いという不思議な力を持つ元気印の営業マン、ウシロノです。



f:id:tentsu_media:20160602175514j:plain:w500



飲食業界で働いていた経験から元気でいる秘訣を知っているのが自慢であり、商談中にも「なぜ、そんな元気なの?」と、よく聞かれることがあります。そこで、今回は体力勝負の飲食店の皆さまに、疲れを残さない自慢の秘訣をご紹介させていただきます。


普段からよく行くお店に突撃取材し、現役の飲食店スタッフの方々の疲れを残さない方法を入手し、どの方法が一番効果があるのかを検証してしまいます。



なお、疲労度の検証はこちらのアプリ『LIFE OPTIMIZER』を使用致します。

LIFE OPTIMIZERとは

このアプリは指先をカメラにあてるだけで、心拍から疲労度を計算します。


疲労度は、心拍から計測するHRVというデータを用いて計算しており、結果は%表示されます。疲れている場合は、簡単な対処法も表示してくれる優れもの。


引用:LIFE OPTIMIZER - Google Play の Android アプリ

経験から知っている自慢の方法を検証してみる

正直、もうこれ以上の方法はないと思っているくらい昔から実践している方法です。なので、もしかしたらこれだけ読んでもらえればいいかもしれません。



それは、九州のとある飲食店で働いていた時に疲れを残さない方法として、受け継がれていた方法です。
足元にクッションを置いて、高くして寝る。それだけ!!


f:id:tentsu_media:20160601130153j:plain:w70「よし、では実際にやってみましょう!!」

まずは寝る前に疲労度の計測。
f:id:tentsu_media:20160602162414j:plain:w350 「疲労度64% 意外と疲れてるんだなあ・・・」

※『ただし、この結果は信憑性がありません。』って、そこには触れるのはやめておきます。



では、クッションを足元に置いて寝ます。

おやすみなさい
f:id:tentsu_media:20160602155724j:plain:w500


f:id:tentsu_media:20160601130153j:plain:w70「よーっし、よく眠れた!!これは期待できますね。」

翌朝、朝食後に疲労度の計測。
f:id:tentsu_media:20160602163233j:plain:w350 「疲労度41% よし、下がった。

23%も疲労度が低下しました。もうこれを続ければOKです。ただ、これでは記事として比較対象がなく説得力に欠けるため、突撃取材も行います。

よく行くお店に突撃取材から入手した方法を検証してみる


今回、突然の取材を受け入れてくれたのはJR新橋駅から徒歩1分なのに隠れ家のような雰囲気で人気のお店『つるせんにん』さん。


現場で活躍する、店長さん、女性スタッフさん、男性スタッフさんの3人の方に、疲れを残さない方法や秘訣を聞いてみました。

f:id:tentsu_media:20160602190559p:plain※取材を受けて頂いた『つるせんにん』の皆さん。




まずは、店長さんに聞いてみよう。

f:id:tentsu_media:20160601130153j:plain:w70「ウシロノです。店長、体力勝負の飲食店で、疲れを残さない秘訣や方法ってなんですか?」

f:id:tentsu_media:20160601124130j:plain:w70「そうですね~、サウナですかね!仕事終わりにサウナに行って、思いっきり汗かきながらスタッフとコミュニケーションをとって、よく寝る事ですね

f:id:tentsu_media:20160601130153j:plain:w70「なるほど~、サウナですか。ちなみに、寝るときは何もしないですか?」

f:id:tentsu_media:20160601124130j:plain:w70「はい、何もしないですね」

f:id:tentsu_media:20160601130153j:plain:w70「そうですか、寝るときは何もしないんですね・・・わかりました。ありがとうございます。」




次に女性スタッフさんに聞いてみた。

f:id:tentsu_media:20160601130153j:plain:w70「ウシロノです。スタッフさん、体力勝負の飲食店で、疲れを残さない秘訣や方法ってなんですか?」

f:id:tentsu_media:20160601124322j:plain:w70「ん~そうですね~、寝る前に足をオイルマッサージしてよく寝ることでしょうか!」


f:id:tentsu_media:20160601130153j:plain:w70「なるほど~、オイルマッサージですね。ちなみに、寝るときは何もしないですか?」

f:id:tentsu_media:20160601124322j:plain:w70「はい、何もしないですね。」


f:id:tentsu_media:20160601130153j:plain:w70「そ、そうなんですね。寝るときは何もしないんですね・・・ん、この方も寝るときは何もしないのか・・・」「よし、男性スタッフさんにも聞いてみよう。」


そして、男性スタッフさんに聞いてみた。

f:id:tentsu_media:20160601130153j:plain:w70「ウシロノです。スタッフさん、体力勝負の飲食店で、疲れを残さない秘訣や方法ってなんですか?」



f:id:tentsu_media:20160601124358j:plain:w70「そうですね~、お風呂で足をマッサージしながらゆっくり浸かり、よく寝ることですかね!」

f:id:tentsu_media:20160601130153j:plain:w70「なるほど~、お風呂でマッサージですか。やっぱりマッサージなんですね。ちなみに、寝るときは何もしないですか?」


f:id:tentsu_media:20160601124358j:plain:w70「はい、何もしないですね。」

f:id:tentsu_media:20160601130153j:plain:w70「そ、そうなんですね。寝るときは何もしないんですね・・・ん、この方も寝るときは何もしないのか・・・」「あれ、もしかして寝るときって…」


サウナで汗をかいて、ゆっくり寝る方法を検証してみる

翌日、サウナで疲れを取る方法を検証をしてみることにした・・


まずは、サウナに入る前に疲労度の計測。

f:id:tentsu_media:20160602163603j:plain:w400 「ゲゲッ!82% や、やばい。結構疲れている。」


よーし、ではサウナに入って、おもいっきり汗をかいてみます。

さあ、入ります
f:id:tentsu_media:20160601133849j:plain:w400
f:id:tentsu_media:20160602154457p:plain:w50
さすがに入浴シーンはお見苦しいのため、こちらをご覧ください
f:id:tentsu_media:20160606143943j:plain:w400


そして、就寝。


翌日、朝食後に疲労度の計測。

f:id:tentsu_media:20160602163811j:plain:w400 「オオッ!28% す、すごい」


えっ、ということは54%の疲労度の低下。あれ?こっちの方が疲れが取れてる?
ま、まさか。


オイルマッサージして、ゆっくり寝る方法を検証してみる

翌々日、今回はオイルマッサージをしてからゆっくり寝て疲れをとる方法を検証をしてみることにした・・

f:id:tentsu_media:20160601130153j:plain:w70「ウシロノです、オイルを買ってきました。」

恒例の、オイルマッサージして寝る前の計測。

f:id:tentsu_media:20160602174134j:plain:w350 「な、77% つ、疲れたまってきてるな~。」

よ~っし、買ってきたベビーオイルで、しっかりマッサージと。

これこれ
f:id:tentsu_media:20160602170920j:plain:w400
オイルを沢山すり込んでマッサージします
f:id:tentsu_media:20160602171111j:plain:w400


そして、就寝。
翌朝、起きて朝食後に疲労度の計測。

f:id:tentsu_media:20160602174352j:plain:w350 「え、ええ~っ!疲労度27% あれ、これもすごい??


ということは50%の疲労度の低下。あ、あれ?こっちも疲れがすごく取れてる?


検証結果でわかったこと

今回、疲れを残さない方法を検証してみて、わかったことをご報告します。

そ、それは『寝ている時に行うケアよりも、寝る前に行うケアの方が効果的であった。』でした。


ということで、疲れを残さない方法は寝る前にケアする事、サウナやお風呂で血行を良くしながらマッサージし、よく睡眠を取ることをオススメします。

f:id:tentsu_media:20160602194352j:plain:w500

こ、これまでの自慢はなんだったのでしょうか…なお、今回アプリを使って検証してみた結果は『ただし、この結果は信憑性がありません。』との事ですので、あくまでご参考としてご理解ください。



取材店、『つるせんにん』のご紹介

今回、取材させていただいたお店『つるせんにん』は個室という事もあってゆったりと寛ぎながらお食事を楽しむ事ができます。
f:id:tentsu_media:20160603131403j:plain

なお、取材時に注文した中でも、私ウシロノが特に美味しいと思った料理を紹介します。

f:id:tentsu_media:20160603132716j:plain f:id:tentsu_media:20160603133049j:plain
チキン南蛮
蒸し鶏ぽん酢


肉ずしと8種のもつ鍋 つるせんにん 新橋SL広場前店
〒105-0004 東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル3F
3,000円(平均)4,000円(ランチ平均)
r.gnavi.co.jp
日本酒、焼酎など幅広い種類の銘柄が置いてあり、旬のお料理と合わせて中でもカキ鍋コースは絶品です。ケアをしっかり行い、疲れを見せない元気なスタッフの笑顔とも見れますのでお近くにお越しの際はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

以上、ウシロノでした。



ウシロノ



f:id:tentsu_media:20160603132716j:plain