食材・メニュー記事一覧

多店舗経営のレシピ管理はどうすべき?業務効率化を図るレシピ管理ツールとは?

飲食店の財産とも言える料理のレシピ、どのように管理されていますか?料理の品質保持や、正確な利益計算にもレシピを適切に管理することは重要です。レシピの管理を徹底することで生まれるメリットもあります。逆を言えば、安定した味の料理を提供できないことはクレームの原因にもなってしまいます。そこで、レシピ管理を効率よく、飲食店が抱えるレシピに関する課題を解決するのにも貢献してくれる、レシピ管理ツールをご紹介します!

食品ロスの原因や対策とは?飲食店のできる取り組み、利益改善につなげる解決策をご紹介

食品ロスの現状、原因・対策とは?日本では年間612万トンもの量にのぼるとされる食品ロス。飲食店で食品ロスを削減することは、利益改善にも繋がります。食品ロス率を計算し管理すること、適切な発注・在庫管理を行うこと、メニュー・レシピの見直しを行うことなど、飲食店でできる取り組みをご紹介します。

食欲と色彩の関係とは?食欲不振は色で解決!?色合いが食欲に及ぼす影響とは

食欲に影響をもたらす視覚。では、食欲に色の影響はあるのでしょうか?色がもたらす効果と「食の五原色」や「フィトケミカル」の代表的な食材や期待される効能、栄養素について。また、飲食店経営に色彩効果を活用する方法。内装や盛り付け、テーブルコーディネートにおける色の注意点についてご紹介。

メニューの見直しは飲食店経営の見直しに!儲かるメニューの構成ポイントとは?

飲食店のメニュー、どのように作成していますか?店舗の集客率・お客さま満足度・お店の利益に影響を及ぼすといわれる飲食店のメニュー構成。メニューの見直しを図ることで飲食店経営の見直しや、飲食店経営の効率化が図れます。飲食店の経営戦略を見直したい方、これから開業を考えている方のために、儲かるメニューを作成するためのメニュー構成ポイントについてイチからご紹介します。

食のプロ専用卸売り市場「METRO(メトロ)」。キャッシュアンドキャリーの魅力とは

飲食店向けの卸売り市場「METRO(メトロ)」とは、一般的な業務用スーパーと違い、登録営業許可書などの飲食事業の証明が必要な登録制の業務用卸売り店。 ドイツに本社があるため、ヨーロッパで使われる洋食系の食材やワインなどは特にコストパフォーマンスが良く、飲食店オーナーの商売繁盛を全力で応援してくれるというメトロの魅力をお伝えします。

【水道水・天然水・RO水】水の違いで料理に差は出るのか?飲食店と水の話

飲食店で料理に使用する水やお客様に出す水は何を使用していますか? 今回は水道水と天然水(ミネラルウォーター)とRO水(純水)でコーヒーをいれて、水の違いで味に違いは出るのか?飲み比べてみました。 それぞれの水の種類について、硬度の違いやメリットとデメリット、味の特性を理解して、上手な使い分けをしてみましょう。

全国の食材とマッチング!産地直送でお店の利益向上!仕入れコスト削減を考える

食材の値上がりや、仕入れの悩みはありませんか? 産地直送のご当地食材やお得なアウトレット食材を、飲食店と生産者が直接取引することで、新鮮なものをより早く、中間マージンをカットして仕入れられる「食材のマッチングサイト」ISPフーズとは。 店舗の特色を打ち出せる食材を低コストで入手する方法、「売り手の適正利益確保」「買い手の仕入れコスト削減」の実現いついて紹介します。

【ハラール特集・後編】ハラール認証は本当に必要?ここが変だよ日本のハラール認証

飲食店でハラールの対応をするにはどうすれば良いでしょうか? おいしいハラール料理を作れるようになるには、どのくらいの期間が必要なのか? ハラルフードとハラールの文化、ハラールの提供で重要なこと、飲食店がまず始めにできることは何なのか、 ムスリムのオーナーシェフにお話をうかがいました。

【ハラール特集・前編】ハラール認証とは?ハラールの意味、きちんと理解できていますか?

そもそも「ハラール」とは何なのか。 ハラル、ハラーム、シュブハとはどういう意味なのか。 飲食業界で話題になっている「ハラール認証」とはどういったものなのでしょう? 集客や売上に影響はあるのか? どのくらいの費用がかかるのか? 日本で活躍しているムスリムのオーナーシェフへ伺いました。

ラーメン屋開業者必見!「製麺所の麺」と「自家製麺」はどう違うの?製麺所に聞いてみた

【ラーメン店を開業する際に知っておきたい知識】 今回はあの「三河屋製麺」代表の宮内様にお話を伺いました。 製麺のプロに聞く。麺の「加水率」って?| 製麺所からみた『自家製麺』のメリットやコストは?| オーダーメイドの特注麺は『三河屋製麺』と言われるまで| ラーメン屋の開業を目指している方へ

【築地品質をWEBで手軽に】水産業の次代を担う『いなせり』の真髄とは

飲食業界に大きな変革と可能性を生み出している 「いなせり」 。 築地市場に行かなくてもパソコンやスマートフォンから注文ができ、深夜注文でも即日配送してくれる「築地市場の水産仲卸組合」とタッグを組んだサービス。 水産業界の次代を担うユニークなサービスや強み、“水産業と飲食店のこれから”についてお伺いします。

【無料DL】食材管理をして利益率の改善に努めよう!【棚卸表・仕入表】

飲食店経営に活用できる事務処理シリーズ。 今回は最も多かった「食材管理・棚卸表」、つまり原価について考えます。 粗利を上げるには売上を上げるか、売上原価を下げるしかありません。 ということで棚卸について説明します。 [なぜ棚卸しをするのか?] [棚卸しでわかること] [棚卸表の使い方]

セール店と毎日安い店。通いたくなるお店の価格設定とは?

セール情報などを活用する価格戦略を「特売価格政策」や「ハイ&ロー価格政策」、 通常の価格がいつでも安いという価値を提供する戦略を「エブリデイロープライス政策」と言います。 こだわりを持つモノなら多少高くても買う、一方でこだわりのないモノは安く、というのが消費者の感覚として適切だと感じます。

2017年大注目の食材を使った話題づくりがアツい!「パクチー」を取り入れたユニークメニュー5選

2017年もまだまだ注目の食材、パクチー。 ブームに乗らない手はない! 専門店だけでなく、さまざまなお店が新メニューとしてパクチーを取り入れ、話題づくりに力を入れているようです。 パクチストを唸らせる、今まで見たことのない新たな食べ方、ユニークメニューを厳選してご紹介。

母国語のメニューは準備しましたか!?インバウンド需要に対応するメニューに隠された4つの秘訣

外国人が入りたくなる店作り、4つの方法! 日本への外国人観光客が年々増加しており、2020年の東京オリンピックまでに2,000万人突破を目指すなど、今後は飲食業もインバウンド需要への対応が必要不可欠です。 インバウンド消費者の悩みに対応できる4つの方法をご紹介します。

サードウェーブから学ぶ 消費行動のニューノーマル

「サードウェーブ」ってなに?『ブルーボトルコーヒー』 飲食業界のニュースでこのお店を思い浮かべる方も多いのでは? でも結局どんなコーヒー? 『猿田彦珈琲』は? 『URTRA』は? ならば、サードウェーブ各店舗をはしごしてレポートします。 さらにポストサードウェーブも大胆予測!

「よなよなエールって何すか!?」クラフトビールの魅力について

「よなよなエール」最近巷で耳にするこの名前。 耳にしたことはあるけど『ピンとこない』という皆さんに、「クラフトビール」まで的を広げて紹介します。よなよなエールとは“日本でも夜な夜なエールビールを楽しんでほしい。”という意味だという。最近コンビニやスーパーでも陳列されているこのビール。調べてみると、とんでもないシロモノであった。

食べ物のおいしい写真の撮り方入門 EPISODE~Revenge~

はてなブックマークコメントの方で大変反響の“【個人経営者向け】食べ物のおいしい写真の撮り方入門”。こちらのリベンジ記事のため、「最近のカメラは軽くて高性能。」と言い聞かせられ、ミラーレスカメラを購入してリベンジします。食べ物をおいしそうに撮るために~準備~撮影の前に気をつけること

消費者の心理を探ろう!利益を上げる価格戦略とは?

飲食店はどのような基準で価格設定を行っているのか。価格戦略で利益をUPする秘策があるのでは・・。飲食店ならびに小売業など、“モノ”や“サービス”を販売し利益を上げるには切っても切れない、価格設定の方法。どうやって価格を決めるの? 利益と市場シェア、価格設定にはどちらかに目的を絞ることが多いようです。

【新コーナー/ダイヤの原石】鮮魚流通にIT技術を取り入れた仕入れ流通業者/八面六臂

【飲食業界で話題になっているトレンド情報】 生鮮食品流通にIT技術を取り入れた仕入れ流通業者が今、トレンドになりつつある。 『八面六臂(はちめんろっぴ)』が流通に起こしている革命的なポイントとは。 ■少量多品種の生鮮食品 ■午前2:00発注で翌日お届け ■インターネットで簡単発注