【2022年最新】ふるさと納税なら高還元クレジットカードがお得!ふるさと納税の仕組みとおすすめクレジットカード

ふるさと納税なら高還元クレジットカードがお得!ふるさと納税の仕組みとおすすめクレジットカード

ふるさと納税は各自治体の窓口で直接申し込むこともできますが、全国の特産品を比較して選びたい場合はインターネット経由で申し込むのが便利ですね。

また、クレジットカードでふるさと納税をするとポイントが付与されるので、支払い方法はカード払いがもっともお得になります。

今回は、ふるさと納税のしくみや・お得な支払い方法・注意点・寄付にオススメのクレジットカードなどを紹介します。

目次

ふるさと納税の基本的なしくみ

ふるさと納税の基本的なしくみ

「納税」という言葉がついているふるさと納税。実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。

ふるさと納税では原則として、自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。「ふるさと納税はお得!」という話を聞いたことがある方でも、仕組みが複雑で手を付けていない方は多いと思います。

ふるさと納税はとてもシンプルな仕組みであり、主なメリットは3つあります。

  • 返礼品=特産品が貰える
  • 2,000円以上の寄付なら税金が控除される
  • クレジットカード払いならポイントが貯まる

「ふるさと納税」とは、本来なら自身の所在地に納めなくてはならない税金を、事前に好きな場所に納められる制度です。しかも、2,000円以上の寄付なら税金の控除対象になります。

イメージとしては、本来自分の住んでいる所に納める税金をふるさと納税として先に納める感じです。しかも、納税のお礼に返礼品として、各地の特産物(米・肉・魚など)が貰えるので普通に納税するより断然お得!

ふるさと納税は所得税・住民税の還付・控除が受けられる

ふるさと納税は所得税・住民税の還付・控除が受けられる

ふるさと納税は、寄付した年の所得税と、翌年度分の住民税で控除が受けられる制度です。

たとえば2022年1月1日~12月31日の間にふるさと納税をした場合、以下のように控除が受けられます。

  • 所得税:2022年の所得税が軽減され、指定口座に控除分が振り込まれる
  • 住民税:2023年度分(2023年6月以降に納める)の税金が軽減される

ふるさと納税で受けられる控除と、自己負担が最低額で収まる控除上限額の目安

ふるさと納税で受けられる控除と、自
画像:ふるさと納税ガイド(https://furu-sato.com/simulation)

自己負担額が実質2,000円(最低額)で収まるふるさと納税の控除上限額の目安は、自身の収入と家族構成によります。

以下のサイトなどの、ふるさと納税 控除シミュレーションを利用すると、収入や家族構成を入力すると寄付上限額の目安を簡単に確認することができます。

ふるさと納税の控除上限額の計算

ふるさと納税の控除上限額は上記の計算式で決まります。ふるさと納税の寄附金額が上記の式から算出された控除上限額を下回る場合、自己負担となる2,000円をのぞき全額控除を受けられます。

ふるさと納税ワンストップ特例制度を使えば、確定申告なしで控除が受けられる

ふるさと納税ワンストップ特例制度を使えば、確定申告なしで控除が受けられる
画像:銚子市(https://www.city.choshi.chiba.jp/hometownTaxPayment/onestop.html)

会社員などの給与所得者の方には、確定申告不要で控除が受けられる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」があります。寄付先の自治体が5つまでなら、簡単な書類を記入して寄付先の自治体に郵送するだけで手続き完了です。

ふるさと納税で面倒な確定申告が免除されるのは助かるね!

ワンストップ特例制度

  • ふるさと納税意外で確定申告が不要な給与所得者
  • 1年間(1月~12月)でふるさと納税の寄付先が5自治体以内

ふるさと納税はクレジットカードで支払うとお得

ふるさと納税はクレジットカードで支払うとお得

ふるさと納税は、クレジットカードで支払うとカードのポイントが付与されます。納税にポイントがつくことに不思議に思う方もいるかもしれません。

実は、ふるさと納税のクレジットカード決済は、通常のネットショッピング払いや公共料金の支払いと同様の扱いになっています。ふるさと納税は数万円単位で行なう方が多いので、よりポイントも貯めやすいと言えますね。

たとえば10万円分のふるさと納税を還元率1.0%のクレジットカードで支払うと、カードだけでも1,000円分のポイントがつくので、銀行振込みなどで支払うよりお得です。

さらに、ふるさと納税ポータルサイトを利用して支払えば、サイト独自のポイントやギフト券などがもらえる場合もありますよ。

楽天カード最大5,000円キャッシュバック中!
楽天市場でいつでもポイント3倍以上の高還元クレジットカード
楽天カード人気度
還元率1.0%~3.5%
発行スピート1週間程度
審査18歳未満、高校生、海外在住の方以外
国際ブランドVISA・Mastercard・JCB・AMEX
公式サイト楽天カード
年会費無料
家族カード無料
ETCカード550円(税込)
国内旅行傷害保険なし
海外旅行傷害保険最高2,000万円
ショッピング保険なし

すぐに決済ができる

ふるさと納税はクレジットカード決済が早い

ふるさと納税の他の支払い方法をみると、銀行振込みや郵便振替や銀行書留などがあります。しかし、銀行や郵便局の開いている時間しか手続きができなかったり、手続きが完了するまでに数日かかったりするものが多いです。

対してクレジットカードであれば、24時間好きなときに支払いでき、すぐに支払完了します。「きちんと手続きできているかな?」と不安に思う時間が少ないこともメリットですね。

ふるさと納税をクレジットカードで行う際の注意点

ふるさと納税をクレジットカードで行う際の注意点

ふるさと納税にクレジットカードを利用する際に注意しておきたいことは、なんでしょうか。よく寄せられる疑問質問に答えていきたいと思います。

妻名義のカードは使用できる?

ふるさと納税は納税者本人が行なうことですので、本人名義のカードを利用して決済しましょう。

夫:会社員・妻:専業主婦という家庭の場合、納税者は夫ですが、ふるさと納税の手続きは家にいる妻に任せたいというケースは多いでしょう。妻が手続きするのだから、妻名義のカードを利用していところですがこれはNGです。週末、夫も妻もゆっくりできる時間に、一緒に返礼品を選びながら手続きするのがオススメですよ。

例外として、妻の持つ家族カードで決済した場合、支払口座は夫名義なので、「同一家計の家族からの申込みであるため問題なし」と認められたケースはあります。
しかし、すべての自治体で認められる確証はありませんので、本人名義のカードを使用しておいた方が無難でしょう。

カードが旧姓の場合はどうしたらいいの?

ふるさと納税をする際は、新姓のカードを利用しましょう。

最近は共働きの夫婦の方が多くなってきましたね。妻も個人でふるさと納税をしたいけど、妻のカード名義がまだ旧姓の場合も多いかと思います。

ふるさと納税では、納税先が納税者のデータとクレジットカードからの入金データを照合した際に、名義が合わないことで、手続きが遅くなったり不備だと認識されたりする可能性があります。クレジットカードは新姓に変更して使うのがオススメです。

ふるさと納税の期限・決済日はいつ?

ふるさと納税の期限は「その年の12月31日」。決済日は自治体によって異なります!

ふるさと納税のクレジットカード決済日は「楽天ふるさと納税」や「さとふる」などのプラットフォームに限りません。基本的な期限は、「その年の12月31日」です。それまでに地方自治体へ申込み・入金の完了した分が対象です。

WEBでの手続きのの場合、「支払い手続きを受け付けました」という画面が表示されても、実際に支払いが完了するまで、数分かかる場合があります。そのため、12月31日23時59分に支払いをしても、支払い完了は翌日00時01分になる場合もあり、翌年の納税扱いになることを理解しておきましょう。

期限ギリギリになるのが不安な方は、11月中に手続きを終わらせておくのがオススメですよ。

自治体によっては、入金完了日を「決済日」ではなく、「カード会社から自治体へ入金された日」とする自治体もあります。
この場合は、12月中旬で今年度の寄附をしめきることもありますのでご注意ください。
詳しくは、寄附をしたい各自治体のページで確認するようにしましょう

ふるさと納税でボーナス払いはできる?

ボーナス一括払いは基本的に利用できません。原則一括払いのみになります。

ふるさと納税は基本的にボーナス払いに対応していません。カード会社によっては、一括払い分を分割払い・リボ払いにあとで変更できる機能もあります。そちらを利用すればふるさと納税で実質分割払い・リボ払いをすることも可能です。

ふるさと納税分のカード決済日(引き落とし)は?

カード会社によって異なります。

ふるさと納税の決済に応じてクレジットカードの支払い日に請求が行われます。ふるさと納税のクレジットカード決済日(引き落とし日)はカード会社によって日付が固定です。

たとえば、ふるさと納税のクレジットカード決済日は楽天カードの場合翌月27日に請求されることになります。カード会社に応じてふるさと納税分のカード引き落とし日は異なりますので、利用しているカード会社の締め日・支払日をチェックしておきましょう。

カードの手数料はだれが負担する仕組み?

一般的には、クレジットカードを利用すると、カードの加盟店(実際にカードを利用した店舗)からカード会社に数%の手数料を支払う仕組みになっています。ふるさと納税の場合は、この手数料を誰が負担するのでしょうか?

実は、他の加盟店と同様に地方自治体が手数料を負担しています。ですので、納税者が手数料を負担する必要はありません。

直接窓口で支払う場合

直接自治体の窓口で支払う場合

直接自治体の窓口で支払う場合は、クレジットカード払いができない場合がありますし、カードが使えても、利用できる国際ブランドが限られるケースがあるので注意が必要です。

窓口で直接支払う場合(よくある例)

  • VISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブの5ブランドが使える自治体
  • VISA、MasterCardの2ブランドのみが使える自治体の2種類があります。

このように、クレジットカードの使い勝手の面からも、直接自治体に申し込むメリットはほぼなく、ふるさと納税ポータルサイトで寄付するほうが便利です。

ふるさと納税ポータルサイトを利用しよう!

ふるさと納税ポータルサイトを利用すると、サイト独自のポイントやギフト券などがもらえる場合がありお得です。とくにオススメなのは、「ふるなび」と「ふるぽ」です。

ふるなびでは、クレジットカードのポイントのほかに、寄付金額の1.0%のふるなびコインがもらえます

「ふるなび」では、クレジットカードのポイントのほかに、寄付金額の1.0%の「ふるなびコイン」がもらえます。ふるなびコインはAmazonギフト券やdポイント・PayPay残高に交換できます。

寄付金額の20%の「ふるなびコイン」がもらえるキャンペーン

また期間限定で、寄付金額の20%の「ふるなびコイン」がもらえる場合もあるのでチェックしてみてください。

JTBが運営するふるさと納税ふるぽ

JTBが運営する「ふるぽ」では、クレジットカードのポイントのほかに、寄付した自治体の返礼品と交換できるポイントが付与されます。

府ルポのふるさと納税はポイント制

返礼品相当額を一旦ポイントとしてもらい、後で特産品と交換することができるので、年末に駆け込みでふるさと納税をする場合などにオススメです。ポイントは有効期限内(通常1~2年)であれば、同じ自治体の返戻品と交換できます。

「ふるなび」や「ふるぽ」で好みの返礼品がない場合は、ふるさと納税の掲載数が多い「ふるさとチョイス」などで選ぶ、というようにするのがオススメの方法です。

使うのは高還元率クレジットカードがおすすめ

せっかくクレジットカードでふるさと納税をするなら、高還元率クレジットカードを使うのがオススメです。

還元率0.5%のカードで支払う場合と還元率1.0%のカードで支払う場合とでは、獲得ポイントに大きな差が出ます。とくにふるさと納税を10万円以上行うような人は、高還元率のクレジットカードを厳選して寄付することをオススメします。

楽天カードがおすすめ

ふるさと納税は楽天カードがおすすめ

楽天カードは年会費無料で、ポイント還元率は1.0%です。しかも、楽天市場で使うと最低でも還元率3.0%となります。さらに楽天市場アプリを使うと3.5%還元になります。

楽天市場では、ふるさと納税のポイント10倍キャンペーンを行っていることもあります。

楽天市場では「楽天ふるさと納税」が展開されているため、ポイントアップ時を狙ってお得にふるさと納税ができる利点があります。

楽天カード最大5,000円キャッシュバック中!
楽天市場でいつでもポイント3倍以上の高還元クレジットカード
楽天カード人気度
還元率1.0%~3.5%
発行スピート1週間程度
審査18歳未満、高校生、海外在住の方以外
国際ブランドVISA・Mastercard・JCB・AMEX
公式サイト楽天カード
年会費無料
家族カード無料
ETCカード550円(税込)
国内旅行傷害保険なし
海外旅行傷害保険最高2,000万円
ショッピング保険なし

楽天カードでふるさと納税をするメリット

楽天カードでふるさと納税をするメリット

ここでは、楽天カードでふるさと納税をする4つのメリットを紹介します。

楽天市場でふるさと納税ができる

楽天ふるさと納税の人気ランキング

楽天市場では、「ふるさと納税」で検索し、好きな返礼品をクリックするだけで自治体に寄付ができます。楽天市場で普段買い物をするのと同じ方法でふるさと納税ができてしまいます。

他のふるさと納税ポータルサイトと比べると、楽天市場では非常に簡単にふるさと納税ができるのがメリットの1つです。

楽天には、「楽天ふるさと納税」というふるさと納税ポータルサイトがあり、楽天市場内にふるさと納税の特設コーナーがあるといった状態です。買い物の仕方は楽天市場と変わりません。

「楽天ふるさと納税」にはふるさと納税ランキングがあるので、人気の返礼品チェックには便利です。

楽天市場では、たとえば以下のようなふるさと納税が販売されています。

楽天市場のふるさと納税の返礼品(一例)

  • 九州産特大サイズうなぎ蒲焼長焼5尾入(宮崎県都農市):2万円
  • どか盛り牛タン1.8kg(大阪府泉佐野市):1万円
  • 特大サイズのカット生ずわい蟹約1kg(静岡県焼津市):1万円
  • 国内産豚ウデ肉・豚モモ肉スライスセット4.5kg(宮崎県都農市):1万円
  • エビスビール350ml×1ケース(大阪府泉佐野市):1万円

楽天のふるさと納税では寄付できる自治体が限定的ですが、さまざまな種類の返礼品が揃っています。

楽天市場のふるさと納税では、クレジットカードが問題なく利用できる寄付先が多いよ♪

SPU(スーパーポイントアッププログラム)で、ポイント還元率が高い

SPU(スーパーポイントアッププログラム)で、ポイン

楽天市場でふるさと納税をすると、ポイント還元率が高いのも魅力です。

楽天市場では、SPU(スーパーポイントアッププログラム)というものがあります。楽天市場のSPUでは、以下の条件を満たすことで、ポイント還元率が最大14倍まで上がります。楽天グループのサービスの利用がおおけれ多いほど、ポイント還元率がアップする仕組みです。

例えば、私の場合は、楽天モバイルと楽天銀行+楽天カードと、楽天市場アプリを利用しているので、楽天市場でいつでも4.5倍のポイント還元になります!

■楽天SPU一覧表
サービス倍率達成条件
楽天モバイル+1倍対象サービスを契約
楽天モバイルキャリア決済+0.5倍月に2,000円以上の料金をお支払い
楽天ひかり+1倍対象サービスを契約
楽天カード通常分+1倍楽天カードを利用して楽天市場でお買物
楽天カード特典分+1倍
楽天プレミアムカード特典分+2倍楽天プレミアムカードを利用して楽天市場でお買物
楽天銀行+楽天カード+1倍楽天銀行口座から楽天カード利用分を引落し
楽天証券投資信託+0.5倍当月合計30,000円以上のポイント投資
楽天証券米国株式+0.5倍当月合計30,000円以上のポイント投資(米国株式 円貨決済)
楽天ウォレット+0.5倍暗号資産現物取引で月に合計30,000円以上購入
楽天トラベル+1倍対象サービスを月1回5,000円以上を予約し、対象期間に利用
楽天市場アプリ+0.5倍楽天市場アプリでのお買物
楽天Kobo+0.5倍電子書籍を月1回1注文1,000円以上のお買物
Rakuten Pasha+0.5倍トクダネで当月に300ポイント以上獲得し「きょうのレシートキャンペーン」にて審査通過レシート10枚以上達成
Rakuten Fashionアプリ+0.5倍Rakuten FashionアプリでRakuten Fashion商品を月1回以上お買物
楽天ビューティ+0.5倍月1回3,000円以上ご利用

1万円のふるさと納税をすると、ポイント還元率4.5%なら450ポイントが貯まります。通常のふるさと納税では、ポイント還元率1.0%で100ポイント貯まればいい方なので、この差は大きいですね。

楽天カードと同じポイント還元率1.0%のクレジットカードでも、楽天市場でふるさと納税をするなら圧倒的に楽天カードの方がお得です

楽天カード最大5,000円キャッシュバック中!
楽天市場でいつでもポイント3倍以上の高還元クレジットカード
楽天カード人気度
還元率1.0%~3.5%
発行スピート1週間程度
審査18歳未満、高校生、海外在住の方以外
国際ブランドVISA・Mastercard・JCB・AMEX
公式サイト楽天カード
年会費無料
家族カード無料
ETCカード550円(税込)
国内旅行傷害保険なし
海外旅行傷害保険最高2,000万円
ショッピング保険なし

楽天スーパーセールならもっとお得になる

楽天スーパーセールや、お買い物マラソン期間中にふるさと納税をすれば、SPUの+14倍のほかに、最大+28倍ポイントが付与され、最大42倍のポイント還元になります。

楽天市場のポイントキャンペーン

  • 楽天スーパーセール、お買い物マラソン:最大+28倍
  • 楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝った翌日:最大+3倍
  • 5の倍数の日に楽天カード払い:+2倍(5日、10日、15日、20日、25日、30日)

たとえば楽天市場のSPUで+14倍、楽天スーパーセールで+28倍だと、ポイント還元率が42.0%にもなります。

ふるさと納税がポイントアップ対象になっていれば、1万円分の寄付で最大4,300円分もポイントキャッシュバックが受けられる計算なので、非常にお得です。

楽天カード最大5,000円キャッシュバック中!
楽天市場でいつでもポイント3倍以上の高還元クレジットカード
楽天カード人気度
還元率1.0%~3.5%
発行スピート1週間程度
審査18歳未満、高校生、海外在住の方以外
国際ブランドVISA・Mastercard・JCB・AMEX
公式サイト楽天カード
年会費無料
家族カード無料
ETCカード550円(税込)
国内旅行傷害保険なし
海外旅行傷害保険最高2,000万円
ショッピング保険なし

楽天ポイントの使い道が豊富

楽天ポイントの使い道が豊富

楽天カードの楽天スーパーポイントは、楽天市場はもちろん、街中の楽天ポイント加盟店であるマクドナルド、ミスド、くら寿司、ツルハ、ビックカメラなどで貯まり、使えます。

また楽天モバイルユーザーなら、ポイント(期間限定ポイントを含む)を携帯料金に充てることも可能です。電子マネー楽天Edyにチャージしたり、楽天カードの利用料金の支払いにもポイントを使えます!

このように、楽天スーパーポイントはポイントの使い道が豊富なので、貯めておけば現金感覚で支払いに使えて便利です。

ちなみに楽天ポイントには通常ポイントと期間限定ポイントがあり、それぞれ有効期限が異なります。

楽天ポイントの有効期限

  • 通常ポイント:有効期限は獲得から1年、期間内にポイントを獲得すれば延長される
  • 期間限定ポイント:有効期限はさまざまだが、通常ポイントより短い

期間限定ポイントは早めに使うようにして、ポイントの失効を防ごうね!

ふるさと納税におすすめの高還元クレジットカード比較

クレジットカードでふるさと納税をするなら、高還元率のリクルートカードや楽天カード、JCB CARD W、オリコカード・ザ・ポイントがオススメです。

リクルートカード最大8,000円相当プレゼント中!(平日は6,000円相当)
いつでもポイント1.2%還元の超高還元クレジットカード
リクルートカード人気度
還元率1.2%~4.2%
発行スピート最短1週間
審査
18才以上で、ご本人または配偶者に安定した収入のある方。(学生を除く)
国際ブランドVISA・Mastercard・JCB
公式サイトリクルートカード
年会費無料
家族カード無料
ETCカード無料
国内旅行傷害保険最高1,000万円
海外旅行傷害保険最高2,000万円
ショッピング保険年間200万円まで
JCB CARD W最大10,000円キャッシュバック中!(平日は6,000円相当)
特約店でポイント最大11倍 Amazonで常に4倍 セブンイレブンで常に3倍
JCB CARD W人気度
還元率1.0%~5.5%
発行スピート最短3営業日
審査
満18歳以上(高校生除く)~39歳以下
国際ブランドJCB
公式サイトJCB CARD W
年会費無料
家族カード無料
ETCカード無料
国内旅行傷害保険最高1,000万円
海外旅行傷害保険最高2,000万円
ショッピング保険年間200万円まで
オリコカード ザ ポイント最大8,000ポイントプレゼント中!
いつでも1.0%還元!入会後6ヶ月間は2.0%還元(上限50万円分)
オリコカード ザ ポイント人気度
還元率1.0%~2.0%
発行スピート最短3営業日
審査満18歳以上
国際ブランドMastercard・JCB
公式サイトオリコカード ザ ポイント
年会費無料
家族カード無料
ETCカード無料
国内旅行傷害保険なし
海外旅行傷害保険なし
ショッピング保険なし

ふるさと納税とクレジットカードのまとめ

ふるさと納税は、地方自治体に寄附をすることで節税できたり返礼品をもらえたりと、オトクな制度です。その支払いをクレジットカードで行なえば、カードのポイントも貯めることができて一石二鳥です!

ぜひクレジットカードでのふるさと納税を検討してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
TOP
目次
閉じる