【2022年9月版】人気のdカードのメリットやポイント還元率を詳しく!d払い併用で最大4.5%還元

dカードのメリット・ポイント還元率・d払い併用で最大4%還元!

dカードは、NTTドコモが発行する年会費無料のクレジットカードです。CMでもおなじみですが、どこで使っても1.0%の高還元クレジットカードです。特約店でのポイント還元率はさらに高く、ドラッグストアのマツモトキヨシでは4.0%還元になります。29歳以下の方であれば国内・海外の旅行傷害保険も付いてくるお得なクレジットカード。

また、バーコード決済のd払いの支払い方法をdカードに設定するとポイント2重どり!毎週金曜日・土曜日はネットショップで最大4%還元になります。

dカードは審査が最短5分で完了し、すぐにスマホで電子マネー「iD」を利用した決済を行うことができます。すぐにクレジットカードが欲しい方にもピッタリです。

dカードは、最大6,000ポイントプレゼントキャンペーンを実施中です!この記事では、dカードのメリット・ポイント還元について詳しく説明しています。

目次

dカードのメリット

dカード

dカード

dカードのカード評価

  • 年会費の安さ
    5
  • 還元率の高さ
    4
  • 保険・サービス
    3
  • 審査の難易度
    3
  • ステータス
    3

年会費無料
追加カード
年会費
家族カード無料(2枚まで)
ETCカード初年度無料 通常550円(税込)※年1回以上の利用で翌年も無料
基本還元率1.0~4.0%
国際ブランドVISA・Mastercard
旅行保険29歳以下の場合
国内旅行傷害保険最高1,000万円
海外旅行傷害保険最高2,000万円
国内航空便遅延費用特約 最大2万円
その他保険・補償ショッピング保険年間100万円
不正利用の補償
スマホ決済Apple Pay(iD・Visaタッチ決済・Mastercardコンタクトレス)
タッチ決済Visaタッチ決済
Mastercardコンタクトレス決済

\ 最大6,000ポイントプレゼント中 /

dカードのメリット

dカードのメリット
  • 年会費無料
  • 基本還元率1.0%の高還元クレジットカード
  • 審査は最短5分で完了!すぐに使える
  • d払いでポイント2重どり
  • d曜日はネットショップで最大4%還元
  • マツモトキヨシなどの特約店で最大4%還元
  • ショッピング保険 年間最高100万円
  • 国内旅行傷害保険最高1,000万円(29歳以下)
  • 海外旅行傷害保険が最高2,000万円(29歳以下)
  • 国内航空便遅延費用特約 最大2万円

dカードは通常1.0%還元、マツモトキヨシなどの特約店では最大4.0%還元というポイント還元率の高さが魅力のクレジットカードです。

あまり知られていませんが、dカードやdカードゴールドは「最短5分で審査完了」というスピード審査に対応しています。dカードの審査通過後、すぐに電子マネーiD経由でdカードを利用できます。dカードは「すぐにカードを使いたい!」という人にもオススメのカードとなっています。

dカードならd払いでポイント2重どり
dカードとd払いでポイントがダブルで貯まる
dカードでdポイントの3重どり

d払い(ドコモのバーコード決済)の支払い方法を、dカードに設定するとdポイントの2重どりができます。街のお店での利用なら0.5%プラスで合計1.5%還元!さらにdカードの提示で1.0%プラスの3重どりになる加盟店もあります。

ネットショッピングならプラス1.0%で合計2.0%還元になります。

さらにd曜日(毎週金曜日・土曜日)ならネットショッピングさらにプラス2.0%になり、合計4.0%還元になります。(d払いの支払い方法をdカードに設定してd払いでお支払い)

d曜日にお得になるには専用ページでエントリーが必要ですので、忘れないようにしましょう!

d曜日(毎週金曜日・土曜日)は、d払いだけでも3.0%還元なので絶対覚えておきましょう。またd払いが利用できるネットショッピングでのお買物はd曜日まで待ってから買い物した方が断然お得ですね!

お得なd曜日の漫画解説

d曜日にd払いが使えるネットショップ

d曜日にd払いが使えるネットショップ

d曜日(毎週金曜日・土曜日)に最大4%還元になる条件はd払いで支払うことですが、d払いが使えるネットショップはたくさんあります。ほんの一部ですがd払いが使えるネットショップを紹介いたします。有名なお店もたくさんありますよ!

■d曜日にd払いが使えるネットショップ(一部)
ショッピングAmazonDHC
Nojima online無印良品ネットストア
マツモトキヨシKALDI ONLINE STORE
スポーツゼビオshop Disney
メルカリ大阪王将
アイリスプラザパソコン工房
ファッションABCマートニッセン
オンワードBUYMA
ユナイテッドアローズSHOPLIST
JINSnew balance
エンタメタワーレコードムビチケ
コミック シーモアレコチョク
Renta!TOHO CINEMAS
サービスJetstarJ.LEAGUE TICKET
ピザハットふるさとチョイス
マクドナルドモスバーガー
dカードのポイント
dカードのポイント還元率は1%

dカードのポイント還元率ですが、基本ポイント還元率は1%です。100円(税込)で1ポイントで、1回の利用金額毎に付与されます。1ポイントは1円相当の価値があります。ポイントの名称はdポイントです。

dポイントの有効期限は通常ポイントが、獲得した月から48カ月です。期間限定・用途限定ポイントの期限は獲得したパターンによって変動します。

基本還元率1.0%は年会費無料のクレジットカードの中では、トップクラスに高い還元率です。ポイント還元率が高いという理由で人気の、楽天カードやJCB Wも基本ポイント還元率は1.0%。これらの人気のクレジットカードと同じ還元率を誇っているので、クレジットカードとしてもとても優秀ですね。

街のお店やネットショッピングでポイントが貯まるのはもちろんですが、公共料金や各種税金、ふるさと納税などでもdカードで決済すればdポイントが貯まります。

ただ、楽天EdyやモバイルSuicaなどの電子マネーへのチャージはポイント付与対象外です。他に国民年金保険料などポイント付与対象外があります。

dカード特約店でポイント最大4.0%還元
dカード特約店でポイント最大4.0%還元

dカード特約店は、dカードでのお買物100円につき1ポイントがたまる決済ポイントに加えて、利用額に応じてさらに特約店ポイントがたまるお店です。

dポイントがたまる以外の、割引があるお店やギフトがもらえるお店もあります。

マツモトキヨシではdカード提示とdカード決済で最大4.0%

例えば、全国展開のドラッグストア「マツモトキヨシ」ではdカード提示とdカード決済で最大4.0%のdポイントが還元されます。さらにマツモトキヨシ独自のマツキヨポイントも貯まります。

dカード特約店とポイント内容を分かり易く表にしてありますので、参考にしてくださいね!

dポイントの使い道
dポイントの使い道

dポイントは、いわゆる共通ポイントです。街のdポイント加盟店で1ポイント=1円として支払いに利用することができます。

Amazonやメルカリなどのネットショップや、セブンイレブン・ローソンなどの街のコンビニ、マクドナルド・モスバーガー・すき家・ケンタッキーなどのファストフードなど、全国で約441社の大手チェーン店から地域密着店舗まで幅広い業種・業態のサービスが参加しています。

ドコモの料金に充当する

dポイントは、毎月のドコモのケータイ/ドコモ光/ドコモでんき/サービス料金に1ポイント単位でdポイントを充当できます。

dポイントをケータイ・サービス料金の支払いに使うdポイントをケータイ・サービス料金の支払いに使う
1ポイント単位で充当できます。
ドコモのケータイ/サービス料金のお支払いにお申込みされた場合はドコモ光料金やドコモでんき料金に対しては充当されません。
dポイントをデータ量の追加に使うdポイントをデータ量の追加に使う
「スピードモード」および「1GB追加オプション」にdポイントを利用できます。
1GBにつき、1,100ポイントで交換できます。
dポイントをドコモ光料金の支払いに使うdポイントをドコモ光料金の支払いに使う
1ポイント単位で充当できます。
ドコモ光料金のお支払いにお申込みされた場合はドコモのケータイ/サービス料金やドコモでんき料金に対しては充当されません。
dポイントをドコモでんき料金の支払いに使うdポイントをドコモでんき料金の支払いに使う
1ポイント単位で充当できます。
ドコモでんき料金のお支払いにお申込みされた場合はドコモのケータイ/サービス料金やドコモ光料金に対しては充当されません。
■dポイントをドコモの料金に充当する

dポイントを投資に使う

dポイントを投資に使う

dカードで貯めたdポイントは人気の「ポイント投資」に使うことができます。

投資先と追加ポイント数を選んでスタートできます。100ポイントから始められます。ポイント投資は人気サービスですでに利用者が100万人を突破しています。

選べる投資先は11種類で組み合わせは自由に設定できます。ポイントは毎日変動するのでワクワクしますよ!ポイントはいつでも簡単に追加・引出しができるようになっています。

dカードの年会費
dカードは年会費無料

dカードは年会費無料のクレジットカードです。ドコモ以外の携帯電話を利用している方も申込めます。

家族カードも年会費無料で、2枚まで発行できます。18歳以上の生計が同一の家族であれば発行できます。家族カードの利用分は本会員カードに請求になります。家族カードの利用分のポイントも本会員カードにまとめて貯まります。ETCカードも家族カード1枚につき1枚発行できます。

家族でバラバラのクレジットカードを利用するよりも同じdカードを利用した方がポイントが効率的に貯まりますよ!

家族カードの利用限度額は本会員のカードの利用限度額になります。例えば、dカード本会員の方のショッピング利用限度額が100万円の場合は、本会員・家族カードで利用できるショッピング枠が合計で100万円ということになります。それぞれ100万円の枠があるわけではありませんのでご注意ください。

dカードの家族カードのキャンペーン

dカードの家族カードは、500ポイントプレゼントキャンペーンを実施中です!

dカードのETCカードは初年度年会費無料

ETCカードは初年度年会費無料です。2年目以降は550円(税込)の年会費がかかりますが、年に一度でもETCカードを利用していれば翌年度も年会費無料になります。ETCカードを利用した有料道路の料金でもdポイントが貯まります。

ETCカードの盗難・紛失・偽造などによって、第三者による不正利用が発生した場合は、届け出から90日遡ってドコモが補償する「あんしん!会員補償制度」が付いています。

dカードのETCカードキャンペーン

ETCカードを新規発行し翌月末までにエントリーかつ1度でも利用すると、dポイントが550ポイントもらえるキャンペーンも実施されています。

dカードの審査は最短5分で完了
dカードは審査が最短5分で完了

dカードの審査申込み資格

  • 満18歳以上であること(高校生を除く)
  • 個人名義であること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと

dカードの申込み資格は非常に単純で、満18歳以上であればいいので、学生やパート・アルバイト・専業主婦の方も申込むことができます。ちなみに以前は、安定した継続収入があることという文言が入っていましたが現在は無くなりました!

dカードの審査は最短5分で完了し、すぐに電子マネー「iD」を利用してお買い物に利用することができます。最短5分の審査は、9:00~19:50の間にdカードの申込みが完了している必要があります。

また、申込み時に引落し口座の設定が完了している必要があります。WEB上でdカードの引き落とし口座を設定する場合、都市銀行、地方銀行など、ほぼすべての金融機関を選択可能です。

dカードの引き落とし口座はdocomo携帯の支払い口座を流用可能です。dカードの申込み時も口座情報の入力を省略できるようになっています。

有名どころを紹介しておくと、みずほ銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行など。地方銀行は北海道銀行、七十七銀行、横浜銀行、南都銀行、広島銀行、鹿児島銀行、琉球銀行のように全国の銀行を指定できます。

WEB申込みでは受付状況や審査結果がメールで届くので、迷惑メールの設定をしている場合は受信するドメインに「d-card.jp」を追加しておきましょう。

キャッシング枠は設定しない方がおすすめ

キャッシング枠は設定しない方がおすすめ

dカードの合格率を上げるならキャッシング枠の希望は0円にしておくことが基本となります。審査結果の早さを追求する場合もキャッシング枠は希望しない方が早いかもしれません。

キャッシング枠を希望した場合、dカードのキャッシング枠と他社無担保借入れ残高の合計が100万円を超えると年収証明を提出する必要があります。そうした手間を考えると、キャッシングを希望した人の方が審査結果の通知は遅くなると予想されます。どうしてもキャッシング枠が欲しい方は、dカードが発行されてからキャッシング枠を申込む方が無難です。

最短5分はあくまでも目安です

最短5分はあくまでも目安です

dカードの審査が最短5分で完了するというのは、あくまでも「審査結果の通知」の目安であり、即日発行には対応していません。カード自体は1週間程度で届きます。もちろん店頭で申込みをしても即日発行はしてもらえないため注意してください。

また、申込みから5分経っても審査結果が来なかったからといって、審査が否決された(不合格)というわけでもありません。別の事情により審査に時間がかかることもあるからです。5分過ぎても審査結果が来なくても焦らなくて大丈夫です。

dカードの審査の口コミ・評判

審査完了後すぐにiDが使える
審査完了後すぐにiDが使える

dカードの審査が完了したら、アプリを利用してスマホの設定を行うとカード本体が届いていなくてもすぐに電子マネーiDを利用することができます。

  • iPhoneの方は、Walletアプリもしくは、dカードアプリを利用してApple Payの設定を行うことでApple Pay(iD)として利用できます。
  • Androidの方は、dカードアプリもしくは、iDアプリを設定することでiDが利用できます。

iD決済とは?

iD決済とは?

iDは後払い式の電子マネーです。日本全国約175万ヵ所以上で利用できます。

クレジットカードを紐付けることで、スマホをかざして支払いができるようになります。iDで利用した金額は、クレジットカードの利用金額と合わせて後日請求されます。前払い方式の電子マネーと違いチャージする手間が無く、使いやすくなっています。

iDとdカードを紐づけることで、iDの利用でも1%のポイント還元になります。

dカードの入会キャンペーン

dカードは新規入会で最大6,000ポイントプレゼントキャンペーンを実施中です。

最大6,000円相当プレゼントキャンペーン中!
dカードのキャンペーン
  • 新規申込みと同時にドコモのケータイ料金をdカード払いに設定で1,000ポイント
  • 入会~入会翌月末・翌々月の利用金額に対して、dポイント25%還元!※各期間の進呈上限ポイントは2,500ポイント(計5,000ポイント)

\ 最大6,000ポイントプレゼント中 /

dカードのデザインと国際ブランド
dカードのデザインと国際ブランド

dカードは通常デザインと、dカードのキャラクター「ポインコ」がデザインされたポインコデザインの2種類から選ぶことができます。

国際ブランドは、VISAとMastercardから選ぶことができます。dカードのキャンペーンと併せて、VISAとMastercardそれぞれのブランドが実施するキャンペーンにも参加することができます。

  • VISAは、世界で約13億人のクレジットカード会員と2,400万以上の加盟店を持つ「知名度世界No.1の国際ブランド」です。
  • MastercardはVISAに次ぐ「世界No.2」の国際ブランドです。

両ブランドとも日本を含め世界中で利用できますが、VISAはアメリカ方面に強く、Mastercardはヨーロッパ方面に特に強いと言われています。

Apple Payに対応
dカードはApple Payに対応

dカードは、Apple Payに対応しています。Walletアプリもしくはdカードアプリで簡単に設定できます。

Apple Payの利用では電子マネーiDが利用されます。街のお店で利用する際には「iD」でと伝えましょう!また、Visaタッチ決済・Mastercardコンタクトレスも登録することができます。

dカードの保険・補償

dカードはクレジットカードを安心して利用してもらうために、業界最高水準の不正検知システムを導入し、24時間365日不正利用を監視しています。

また、ケータイ補償や、29歳以下の方には旅行傷害保険など手厚いサービスを提供しています。

ドコモのケータイ補償

ドコモのケータイ補償

dカードケータイ補償とは、利用中の携帯電話端末が、購入から1年以内に、偶然の事故により紛失・盗難または修理不能(水濡れ・全損等)となってしまい、新たに同一機種・同一カラーの携帯電話端末をドコモショップ等で、dカードを利用して購入した場合に購入費用の一部を補償する、dカードの会員向けの特典です。

■dカード ケータイ補償の内容
対象となる会員dカードを契約中の本会員・家族会員
補償の対象となる
携帯電話端末
利用携帯電話番号にかかる携帯電話端末
補償金額新端末の購入金額または頭金および事務手数料のうち、最大10,000円
補償期間補償の対象となる携帯電話端末のご購入後1年以内
補償の方法dカード利用代金の請求額から補償金額を減額することにより補償

29歳以下の方には旅行傷害保険が付帯

29歳以下の方には旅行傷害保険が付帯

dカードは年会費無料ながら、29歳以下の方には旅行の際の保険が付帯しています。29歳以下の方というのが少し残念ですが、dカードは以前は旅行傷害保険は付いていませんでしたので、大幅なサービスアップと言えます。

旅行出発時に29歳以下であることと、旅行商品(切符やツアー代金など)をdカードで支払うことが条件になります。

海外旅行傷害保険が最高2,000万円、国内旅行傷害保険最高1,000万円、さらに国内航空便遅延費用特約まで付帯しています。

dカードの海外旅行傷害保険は、海外旅行中のケガや病気による治療費用のほか、旅行にかかせないカメラなどの携行品が損傷した、あるいはホテルのカーペットなどを汚してしまった場合の損害賠償まで幅広くサポートします。家族カードの方も対象になります。

■dカードの海外旅行傷害保険
担保項目および保険金額本人会員/家族会員
傷害死亡2,000万円
傷害後遺障がい程度により80万円~2,000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
200万円
賠償責任
(一事故の限度額)
2,000万円
携行品損害
(年間限度額)
20万円
救援者費用
(年間限度額)
200万円

29歳以下のdカード会員には国内での出張や旅行にもあんしんの保険サービスが付帯。家族カードの方も対象です。

旅先での不慮の事故をサポートする国内旅行傷害保険に、利用航空機の遅延などによって生じた費用を補償する国内航空便遅延費用特約まで付帯しています。

■dカードの国内旅行傷害保険と航空便遅延費用特約
担保項目および保険金額本人会員/家族会員
国内旅行傷害保険傷害死亡保険金1,000万円
傷害後遺障がい保険金程度により40万円~1,000万円
入院保険金3,000円(日額)
通院保険金1,000円(日額)
手術給付金入院保険金日額の5倍または10倍
国内航空便
遅延費用特約
乗継遅延による宿泊・食事費用2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用2万円
出航遅延・欠航による食事費用1万円

30歳以上の方向けの旅行保険

30歳以上の方向けの旅行保険

dカードは30歳になると旅行傷害保険が無くなってしまいます。dカード GOLDにアップグレードするのも一つの考えですが、ドコモからお手軽な金額の保険も提案されています。

ドコモワンタイム保険

ドコモワンタイム保険は、旅行をする際に都度申込みできる保険です。海外旅行保険と国内旅行保険があるため、その時必要な方へ申し込めば旅行のリスクに備えることができます。

ドコモワンタイム保険
国内旅行傷害保険
※保険期間:3泊4日
ドコモワンタイム保険 国内旅行保険の詳細
おてがるプラン400円
おすすめプラン500円
しっかりプラン620円
海外旅行傷害保険
※保険期間:3日まで本人のみのケース(69歳以下)
ドコモワンタイム保険 海外旅行保険の詳細
おてがるプラン2,130円
おすすめプラン2,710円
しっかりプラン3,070円

お買い物あんしん保険

お買い物あんしん保険

dカードで購入した商品で、購入日(配送などによる場合には物品の到着日)から90日以内に偶然な事故(国内海外問わず)によって損害を被った場合に年間100万円まで補償してくれます。(1事故あたり3,000円の自己負担)

dカードによる国内での購入品の場合は、リボ払いまたは3回以上の分割払いの場合のみ対象となります。

dカードの盗難・紛失の補償

もしも紛失や盗難によってクレジットカードや会員番号を他人に不正使用されてしまった場合も、会員補償制度であんしん。特殊なケースを除き、紛失・盗難の届け出日から遡って90日前の利用から、その損害を補償します。

dカードの基本情報
年会費無料
家族カード無料
ETCカード初年度無料 通常550円(税込)※年1回以上の利用で翌年も無料
申込み資格・満18歳以上であること(高校生を除く)
・個人名義であること
・ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
・その他当社が定める条件を満たすこと
基本ポイント100円=1dポイント
(税込・1回の支払い毎)
ポイント有効期限ポイント獲得月から48カ月
旅行傷害保険29歳以下の場合
国内旅行傷害保険最高1,000万円
海外旅行傷害保険最高2,000万円
国内航空便遅延費用特約 最大2万円
その他保険カード不正利用の補償
電子マネーiD(一体型)
楽天Edy
モバイルSuica
SMART ICOCA
スマホ決済Apple Pay(iD・Visaタッチ決済・Mastercardコンタクトレス)
タッチ決済VISAタッチ決済
Mastercardコンタクトレス決済
締日毎月15日
支払い日翌月10日

\ 最大6,000ポイントプレゼント中 /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
TOP
目次
閉じる