【新札幌・すすきの・新千歳空港】北海道で出会った極上の味。イクラと味噌と、時々パフェと…。

グルメ大国北海道。海の幸もあれば山の幸もあり。ふらり北海道グルメ散歩のはじまり、はじまり。新札幌駅の高架下、地元の水産会社のお店で味は間違いないという「海鮮料理 魚鮮」で海鮮丼。すすきのでは「札幌 炎神」で、こってりクリーミーな濃厚味噌ラーメン。そして「よつ葉 ホワイトコージ」で「〆パフェ」。 地元のお客さんでにぎわっているお店で、地元の味を堪能してきました。

かに、じゃがいも、とうもろこし、ジンギスカン……
そう聞いてあなたは何を思い浮かべるだろうか。
 
そう、北海道だ。
 
あの広大な自然を誇る北海道。海の幸もあれば山の幸もあり、目移りしてしまうぐらいのグルメ大国北海道。そうそう、サッポロビールもお忘れなく。
 
今回訳あって北海道へ降り立つことになりまして。せっかく来たのだから北海道のグルメを堪能したい!!というわけで、ふらり北海道グルメ散歩のはじまり、はじまり。今回のルートはこんな感じ。
 

 
申し遅れました。店通メディアに新規参入しました、くちびるお姉さんです。どうぞよろしくお願いします。
 
 

最初に降り立ったのは新札幌駅。まずは海の幸からはじめよう。

新札幌駅。商業施設が立ち並ぶ札幌駅と違い、住宅街といった雰囲気。せっかく札幌に来たのだから、地域ならではのお食事処を探したいのが正直なところ!
 
はて、どうやって探そうか……と、あてもなくフラフラ、さまよっていると、居酒屋のテラス席で大型犬を連れたお姉さん2人組を発見。間違いなく地元の住民だろう。
 
第一村人発見かのごとく、にじり寄る私。
 
「あのー、この辺りで海鮮丼が食べられるお店ありますか?」
 
「だったらあそこに見えている、高架下のお店がいいですよ!」
 
「地元の水産会社のお店だから味は間違いないよ!
 
と、力強い言葉をもらいつつ、足を運んだのはこちら。
 

海鮮料理 魚鮮

f:id:tentsu_media:20180803165555j:plainf:id:tentsu_media:20180803165535j:plain
高架下にある店舗。遅い時間に到着したにも関わらず、店内はにぎわっていた。
 
海鮮丼のほかにも、ほっけやお刺身、ひれ酒ならぬ「ほや酒」など、魅力的なメニューが。だがしかし、私は心に決めていたウニとイクラの海鮮丼をチョイス。
 
f:id:tentsu_media:20180806114931j:plain
 
イクラとウニの艶めきがまぶしい!「う、海の宝石箱やー!」と思わず言いたくなってしまうほど。
 
ウニを舌の上に乗せた途端、ふわっと磯の香りが口の中いっぱいに広がる。そして噛むことなく、そのままなめらかに消えてなくなった。
 
あれ?
私、今、ウニを食べましたよね?
おかしいな。
 
f:id:tentsu_media:20180806114950j:plain
 
次はイクラを口に運ぼうとした、そのとき。
 
「ぷちっ」
 
そっとイクラに触れたはずが、とめどなくあふれるイクラ汁。丼の底にはイクラ汁に溺れるお米たち。新鮮なものって、口になじみやすいのだろうか。イクラも口の中で跡形もなく消えてしまった。そこにもう姿はないけれど、確かに食べたことを確信させてくれる磯の香り。いつまでも余韻に浸っていたい気分。
 
一人で食べきれるかな?と不安だったが、おいしすぎて残さずペロリ。
 
■海鮮料理 魚鮮
住所  :札幌市厚別区 厚別中央三条4-23
電話番号:011-894-6965
営業時間:月~土 17:00〜23:30(L.O.23:00)
定休日 :日曜日
https://retty.me/area/PRE01/ARE164/SUB44105/100001167718/
 
 

お次は繁華街「すすきの」で味わう味噌ラーメン

場所を変えて、北海道の繁華街「すすきの」へ。お酒がすすむ魅惑的な街には、ラーメン屋が不可欠。そして、北海道といえば味噌ラーメン。味噌ラーメンといえば、あっさり味噌にバターとコーンを乗せて。
 
そんな昔懐かしい味噌ラーメンを思い浮かべて行列へ。
 

札幌 炎神(えんじん)

店の外まで続く行列に、おひとり様のくちびるおねえさん。金曜日の夜だったが、ラーメン屋さんなので回転も速い。
 
あっという間に券売機の前へ。私が頼んだのは「芳醇味噌ラーメン」。
 
はじめてのラーメン屋さんでは、スタンダードメニューから食すのが私のこだわり。
もちろんトッピングもしない。
 
最初は麺とスープをじっくり味わいたいものだ。
 
f:id:tentsu_media:20180806115012j:plain
 
味噌なのにこってりとしたクリーミーな味わい。例えるなら、カルボナーラのような。
 
昔ながらのあっさりとした味噌ラーメンも良いが、こういった濃厚な味噌ラーメンもまたやみつきになる。独自ブレンドの味噌が濃厚さを引き立てており、豚骨や背脂系のがっつりとした味が好きな若者によく好まれそうだ。とは言いつつ、スープまでしっかり飲み干して完食。
 
■ 札幌 炎神
住所  :札幌市中央区南二条西4-4 狸小路四丁目商店街
電話番号:011-206-9900
営業時間:11:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日 :無休
http://n43engine.com/index.html
 
 

ラーメンじゃ終われない。最近の北海道で〆と言えば…?

海鮮も食べたし、ラーメンも食べたし、さぁ東京へ帰ろう!と勇んだのもつかの間。「〆(しめ)パフェを食べるの忘れてた!」
 
そう、最近東京にも進出している北海道の「〆パフェ」文化、ご存じでしょうか。お酒を飲んだあと、老若男女がパフェを食べるというアレです。甘いもの好きな男性も、堂々とパフェをむさぼる絶好のチャンス。
sapporo-parfait.com
 
これはやはり本場で体験しなくては!と、フライト間際の新千歳空港で見つけたお店はこちら。
 

よつ葉 ホワイトコージ

お酒は飲んでいなかったが、北海道の〆ということで。
 
f:id:tentsu_media:20180806115029j:plain
 
the インスタ映え!
 
絶妙なバランスでトッピングされた苺。もりもりと、でもさっぱりとした味わいのクリーム。これなら、甘いものが苦手な人にもおすすめできそう。
 
実はこのお店、北海道では知らない人はいないと言っても過言ではない「よつ葉乳業」の直営店。北海道産の牛乳や乳製品を原料としているのだそう。しつこくない甘さの秘密はここにあるのかもしれない。
 
■ よつ葉 ホワイトコージ
住所  :新千歳空港内 国内線ターミナル2F
電話番号:0123-46-2188
営業時間:8:00~20:00
定休日 :無休
http://www.yotsuba.co.jp/white/
 

旅の醍醐味、その地の味をかみ締める

どうしようかな、他にもまだ何か食べようかな、なんて思っているうちに時間切れ。今回はここまで!おなかもいっぱいになったところで、今回のふらり北海道グルメ散歩は終了。
 
やっぱり旅の醍醐味と言えば、地元の味。地元の人に愛されるからこそ、長く愛されるお店になるのかもしれません。観光客でにぎわうお店より、地元のお客さんでにぎわっているお店の方がよっぽど信頼できる……気がする……!!
 
さて、次回はどこで何を食べようかな。
 
 

こんな記事も読まれています

www.tenpo.biz
www.tenpo.biz
 
 

くちびるお姉さん

f:id:tentsu_media:20180806114931j:plain