横浜で味わう三陸の幸、うにと日本酒『和食バルyou‐say』~孤独の「ゆうじのグルメ」~

横浜で『うにく』を提供してくれるという「うにと日本酒 和食バル you-say(ゆうせい)」へ伺う。 天然わかめや昆布で育った『無添加うに』、三陸直送の鮮魚を神経〆にして熟成させた「今日イチ盛り」、三陸の海藻などで育った岩手県野田村特産のブランドポーク「福来豚」、魅力あふれる食材と料理で三陸海岸の恵みを堪能させてくれるという。

横浜支店に来て、早2年。
歴史を感じながら物思いにふける今日このごろ。
「孤独のゆうじ」は今も変わらずお店を巡る日々を送っている…。
 
今日は横浜岡野町で岩手県三陸直送の『無添加うに』をぜいたくに『うにく』で提供してくれるという「うにと日本酒 和食バル you-sayゆうせい」に伺うことにした。
 
最近では住みたい街ランキングでも一位になったという横浜。
乗り入れ鉄道数が最多である横浜駅は、複雑かつ巨大な地下街がダンジョンのごとく層を成し、駅周辺は大きな商業ビルが立ち並ぶ、横浜最大の繁華街となっている。
f:id:tentsu_media:20180622134745j:plain
 
そんな横浜駅西口から歩くこと数分、繁華街とビル群を抜けた先に岡野町はある。
住宅エリアが近いからだろうか。横浜駅周辺のにぎわいとは対照的に、地元の人に親しまれるような心落ち着く店が多い。
私はおいしいものをゆっくりと味わいたいときは、岡野町に行くことにしている。
 

■ 岡野町エリア

 

岩手県三陸直送の食材を楽しめるお店「you-say」

そんな岡野町にあるのが「和食バル you-say」。落ち着いた雰囲気の店内には、年齢も性別も多種多様のお客様でにぎわっている。大きなカウンターではスタッフの方々との会話を楽しみつつ、日本酒と料理を味わうお客さん、その背中からはアットホームな雰囲気が伝わってくる。
f:id:tentsu_media:20180622134658j:plain
 
突然の訪問にも関わらず、快く出迎えてくれたのはこの店のオーナー・安藤 憂誠氏(以下:安藤氏)。岩手県出身の安藤氏は、三陸のおいしい食材を知ってほしいという思いで「和食バルyou-say」を始めたとのこと。

f:id:tentsu_media:20180622134824j:plainf:id:tentsu_media:20180622134809j:plain
魅力的すぎるメニューに、決めきれない・・・

どの料理も魅力的で、決めきれない。
ここは安藤氏のおすすめメニューをお願いし、思い切り楽しむことにする。
 

【うにと日本酒 和食バル you-say】おすすめメニュー

◆岩手三陸から直送の海鮮を使った「今日イチ盛り」
三陸直送の鮮魚を神経〆にして熟成させることで、魚のうま味を最大限に味わえるという。今日はまぐろ、かんぱち、たい、ひらめの漬、白魚しらうお、たこという豪華な顔ぶれ。
そして三陸海岸の天然わかめや昆布を豊富に食べて育ったという「4年うに」を盛合せに。
ため息の出る美しさと三陸海岸の恵みを堪能させてくれた。
f:id:tentsu_media:20180622134841j:plain
 
◆話題の「うにく」 無添加うにと和牛のサーロインの炙り
北三陸の産地直送の無添加ウニを使用。ウニの魅力を最大限に引き出すために、目の前で炙る演出はまさにSNS映えの逸品。
極上の和牛の脂と、旬の夏ウニの深い甘みが溶けあい、舌の上で濃厚なうま味となって広がる。
f:id:trn_takeuchi:20180705150559g:plain
 
◆グリーンサラダ
シンプルな味付けだからこそ感じられる野菜の甘味、シャキシャキの食感、そしてみょうがなどの香味野菜がアクセントに…。これはやみつきになる。
f:id:tentsu_media:20180622134632j:plain
 
◆三陸の福来豚肩ロースステーキ
「福来豚」とは、三陸のミネラルが豊富な海藻粉末など、栄養価の高い餌で育てられた岩手県野田村特産のブランドポーク。味は、しっかりとコクがあり、豚肉本来の旨さを思い出させてくれる。絶妙な火加減で口の中でほどける程の柔らかさ。
f:id:tentsu_media:20180622134647j:plain
 
素材の味を活かしたお料理の味は「うまい」のひとことに尽きる。
ぜひ多くの方に食べていただきたい。
f:id:tentsu_media:20180622134854j:plainf:id:tentsu_media:20180622134620j:plain
 

これからの展望 ~岩手三陸の魅力を発信したい~

食欲が満たされてきたところで、安藤氏のお話をうかがうことができた。
f:id:tentsu_media:20180622134725j:plain和食バル you‐say安藤憂誠オーナー

ゆうじ:ウニもお刺身もお肉も、どのお料理もとてもおいしかったです。
安藤氏:「和食バル you-say」では、私の地元のおいしい食材を知っていただくための料理や演出をしているんです。
ゆうじ:安藤氏の地元、三陸の食材ということですね。
安藤氏:はい。三陸の食材がおいいしいのは当然。でも、生産者と直接やり取りをすることで、その時期の『今おいしいもの』を仕入れることができる。そして、その食材が一番おいしい状態で提供することを考えています。
ゆうじ:いま一番おいしい形ですね。たしかにどのお料理も絶品で、いろんな方に味わってほしいと思いました。
安藤氏:より多くの方に岩手三陸の魅力を発信していくために、和食だけではなく、違う業態や違う立地での店舗展開を考えています。
これからも、魅力あふれる食材を使用した料理と、元気あるスタッフでお待ちしておりますので、ぜひ遊びに来てください。

まとめ

飲食店の魅力というのは、扱う食材やはたらく人が「活きる」ことにある。

「和食バル you-say」は、味はもちろん、安藤氏をはじめスタッフの方の雰囲気や接客が、心落ち着く時間を提供してくれた。
 
「和食バルyou-say」はこれからも多くの方に愛され、さらなる発展をすることだろう。
そして安藤氏の店舗展開も近いと感じた。
「その日」をお手伝いできるよう、これからもお店を巡る日々を送っていこうと胸に刻んだ。
f:id:tentsu_media:20180720160519j:plain

今回取材したお店

f:id:trn_takeuchi:20180704115848j:plain

【和食バル you say】
アクセス:横浜駅西口から徒歩7分
住所:神奈川県横浜市西区岡野1-1-17 ベイシス横濱岡野 1F
営業時間:18:00~26:00 日曜のみ18:00~24:00
定休日:無し
電話:045-594-9395

y-daishokudoubaru.favy.jp

ゆうじ

f:id:tentsu_media:20180622134841j:plain