飲食業界を知り尽くせ!フースタ大山塾開講です

「フードスタジアムの大山社長が開催する塾に参加しないか?」 FOOD STADIUMと言えば、飲食業界では知らない人はいないwebメディア。 大山社長が開催する塾とあれば、参加するしかありません! 新卒のときのお話から、“営業マン”としての心構え、心が熱くなるような飲食業界への想いを聞いてきました。

f:id:tentsu_media:20180427115122j:plain
こんにちは。サッカー一筋の学生生活を卒業し、早くも1年が経ったイタチです。
2018年は社会人として公私ともに充実させていこうと考えている今日このごろ…。店通編集部のオカ兄から、とんでもない話を持ちかけられました。

オカ兄:「イタチとスナディー、フードスタジアムの大山社長が開催する塾に参加しないか?」

フードスタジアム株式会社と言えば、飲食業界では知らない人はいないwebメディア「FOOD STADIUM」を運営している会社です。その会社の社長、大山さんが開催する塾とあれば、参加するしかありません。

f:id:tentsu_media:20180423163309p:plainf:id:tentsu_media:20180423172505p:plain「ぜひ参加します」

オカ兄:「わかった!今日の19時に、新橋駅烏森口に来てくれ」
 
急きょスナディーと共に、新橋で開催される大山社長の塾に参加することになった。
19:00 烏森口に到着。すでに到着していたオカ兄の案内で向かった先はこちら。

f:id:tentsu_media:20180423163309p:plain「え!Touch know me?!どういうことですか?」

f:id:tentsu_media:20180419153713j:plain
Touch know me 祭店
僕とスナディーは状況を理解できないまま入店し、待ち構えていたのは…。

f:id:tentsu_media:20180423172539p:plain「こんばんは!フードスタジアムの大山です。まぁ、いいから飲みなさい!」

f:id:tentsu_media:20180423172505p:plain「えっ!いただいていいんですか。」
大山さんオーラあるな…。

戸惑いながらも、言われるがまま勢いで乾杯!
f:id:tentsu_media:20180419160601j:plain

f:id:tentsu_media:20180423163309p:plain「今日は大山さんが開催する塾と聞いてきたのですが、一体どういうことでしょうか?」

f:id:tentsu_media:20180423172539p:plain「急に悪かったね、実はこの前オカ兄と打ち合わせをしている時に…カクカクシカジカで」

カクカクシカジカを要約すると、大山さんとオカ兄が打ち合わせをしていた時のこと。「FOOD STADIUM」と「店通-TENTSU-」で何か新しいことができないか?となりました。その結果、飲食業界に精通している大山さんのこれまでの経験を「店通-TENTSU」で発信する企画に決まったそう。光栄にも選ばれたのが、僕とスナディーの2人。大山さんのお話を直接聞くチャンスをいただきました。
 
なぜ立ち飲み屋で行うのかは疑問が残るものの、とりあえず飲み始めました。

f:id:tentsu_media:20180423172539p:plain「塾と伝えてしまったのだけど、今日はざっくばらんに話をしたいから、気楽にいきましょう。」

大山塾1限目「Touch know me 祭店」

“営業マン”としての心構えとは。“若さ”は強み

f:id:tentsu_media:20180423172539p:plain「フードスタジアムで働く前、新卒のときはフリーペーパーの営業マンをしていたんだ」

1限目は、以前に営業経験のある大山さんから「営業としての心構え・仕事を行う上で大切にしていること」の講義を行っていただきました。

■営業マンとしての心構え
「3年間は必ずやりきって、社会人としても営業マンとしても土台作りをすると決めていたよ。やらなければいけない営業としての数字(売り上げ・契約)は…+αを考える。仕事で少し契約できたからといって、自分に甘くならないこと。まぁ自分の場合、2年10ヶ月で新卒で入った会社辞めたけどね!爆」

f:id:tentsu_media:20180419154657j:plain

■1つ1つの物事に対して意味づけをもって取り組むこと
「テレアポ1つ、商談1つにしても、なぜそれをするのかを考える。もっと踏み込んだことだと、先輩へすすんでアドバイスを求めに行ったり、会議で意見を言ったりとか。そういった“自分が起こす全てのこと”に意味づけをすることが大事だと思うんだよね。 惰性でやっている人と意味づけしてやっていっている人は、長期的に見たときにグンと差が出る。そこにその人の価値観が出るので、常に意識して日ごろの業務、ルーティンワークからこだわること。」


■仕事のうえで大切にしていること。“若い”という特権を最大限に
「“周りの人を笑顔にすること”を大切にしているよ。自分の知り合いや関わってくれている近い距離にいる人たちをまず笑顔にさせること。そのために、毎日全力で仕事をしているんだ。」

「たくさんの人と会い、たくさんの価値観や考えに触れること。若いからこそ教えてもらえることがある。知らないがゆえに、怖いものなしで入り込んでいけること。そういった“若い”という特権を最大限に生かすこと。若い子に元気に来られたら大体の大人は教えたくなるものだよ。」

f:id:tentsu_media:20180419143713j:plain
大山さんのお話は、営業である僕たちにはためになることばかりで、舞い上がってしまいました。

f:id:tentsu_media:20180423163309p:plain「Touch know meでまた飲めるのはうれしいな。去年も新橋ではしご酒をしたなぁ。たしかその時は、“ギャオ兄”ことギャオス内藤さんが現れたな。」

f:id:tentsu_media:20180419143647j:plain

ギャオ兄:呼んだかー!?

f:id:tentsu_media:20180423172539p:plain「えっ!ギャオス内藤さん!?店通-TENTSU-の企画に出ていることは知っていたけど、まさか会えるなんて!」

 

ちゃっかり記念撮影もしながら、Touch know meでの大山塾1限目は終了。
f:id:tentsu_media:20180419143717j:plain


大山塾2限目「総作料理 日いづる」

オーナーさんとは“直接”会って、関係性を構築

f:id:tentsu_media:20180423172539p:plain「お店の人たちと、直接会ってつながることが大切だよ。2人にとって飲食店のオーナーさん達はお客様であり、パートナーだから。」

 

「飲食オーナーは、質問されるのが好きだからね。商談中はその場の雰囲気によることもあるけれど、基本的には自分のこと・店についてどんどん聞かれたい。飲食業界についてもっと質問力を学び、話を膨らませられるようになったらより関係性を構築できるよ。」

f:id:tentsu_media:20180419143800j:plain
「あと、飲食店のオーナーさんは癖が強かったり、独特な人が多い。一見とっつきにくくて、なかなか仲良くなるのも難しそうなんだけど、だからこそ1度打ち解けてしまえば面白い仕事ができる。今置かれている“営業”という立場を大いに利用して、業界が盛り上がるようなことにどんどんチャレンジしてほしい。」

f:id:tentsu_media:20180419143801j:plain
1限目の新橋から移動した「総作料理 日いづる」は、六本木の裏路地にあり落ち着いた雰囲気のお店。2限目も、心が熱くなるような飲食業界への想いを聞くことができました。

大山さんの行きつけということもあり、オーナーの前田さんも加わって盛り上がりました。
f:id:tentsu_media:20180427120905j:plain
 

大山塾3限目「ザ・ステーキ 六本木店」

営業マンは黙って1パウンド

f:id:tentsu_media:20180427120936j:plain

f:id:tentsu_media:20180423172539p:plain「いろいろ話をしたからさ、最後は気持ちよくステーキを食べよう!」

f:id:tentsu_media:20180423172505p:plain「この時間にステーキですか?」

f:id:tentsu_media:20180423163309p:plain「食べられるかな…。」

f:id:tentsu_media:20180419143836j:plainf:id:tentsu_media:20180427121218j:plain
名物1パウンドステーキ!鉄板いっぱいのステーキはこんがりと焼かれ、たんまりと塗られたおろしにんにくが食欲をそそります。全員ぺろりとたいらげてしまいました。

今回の大山塾は、「ザ・ステーキ」にて終了。

大山塾4限目「ホームルーム」

実は〇〇下手な大山さん

ザ・ステーキを出て、話をしならが駅に向かいました。

f:id:tentsu_media:20180423163309p:plain「大山さん、どうしてまた立ち飲み屋からのスタートだったんですか?」

f:id:tentsu_media:20180423172539p:plain「僕はね…。お酒が入らないと話が盛り上がらないんだ。」

f:id:tentsu_media:20180423172505p:plain「そうだったんですね!1限目から、全くそうは感じなかったです。」

f:id:tentsu_media:20180423172539p:plain「実はTouch know meの前に、5杯飲んでたんだ。」

f:id:tentsu_media:20180423163309p:plainf:id:tentsu_media:20180423172505p:plain「えっ!」

f:id:tentsu_media:20180423172539p:plain「今日はこれにて終了です。次回は未定ですが、これを機に困ったことがあったら連絡してね。」

 
当初フードスタジアムの大山さんということで、2人共緊張をしてしまいましたが、とても優しい方でした。フードスタジアムが多くの飲食業界の方々から支持されるのは、大山さんの人柄もあると感じました。
大山さんと話して感じたことは、仕事の成果も人脈も、全て「人」であるということです。大山さんの考え方や経験は、営業マンとしても店通-TENTSU-ライターとしても、成長するためのヒントばかりでした。
 
多くのお酒を飲んだからか、将来の希望に酔いしれながら眠ることができました。
  

協力店舗

一限目 Touch Know Me 立ち飲み
 店舗HP:http://touchknowme.com/

二限目 総作料理日いづる|フード
 店舗HP:http://www.hi-iduru.co.jp/food_01.html

三限目 ザ・ステーキ六本木|THE STEAK ROPPONGI
 店舗HP: http://thesteak.jp/

協力企業

food-stadium.com

イタチ

 
f:id:tentsu_media:20180419143647j:plain