あなたは紅茶派?コーヒー派?食後の一杯に「紅茶」という選択肢を。

とあるレストランで。「コーヒーはいかがですか?」「紅茶はありますか?」「…確認してまいります」…。 もし紅茶がないお店の方がいたら、ぜひメニューに載せて欲しい!という思いから、 【カフェインの量は?紅茶を飲むメリットとは】 【おいしい紅茶の入れ方】 【紅茶の種類】をご紹介します。

~先日とあるレストランで食事をした際~
 
食後に「コーヒーはいかがですか?」と聞かれました。
ちょうど何か飲み物を飲みたかったのですが、私はコーヒーが飲めません。
  
コーヒーだけかしら…』と、思いながら「紅茶はありますか?」と聞いたところ、
 
…確認してまいります」と言われ、去ってしまいました…。
  
コーヒーが飲めない紅茶派の私は、今までに何度かこういう経験をしてきました。皆さんのお店のメニューに「紅茶」は載っているでしょうか?
  
今日は、少しでも紅茶について知ってもらい、もしメニューに紅茶が載っていないお店の方がいたら、ぜひメニューに載せて欲しい!という思いから、「代表的な紅茶の種類」や「紅茶を飲むメリット」についての記事を書きたいと思います。


◆目次


カフェインの量はどのくらい?紅茶を飲むメリットとは

f:id:tentsu_media:20170703152055j:plain

紅茶に含まれる成分で有名なものは“カフェイン”ですね。
 
一般的にコーヒー豆と紅茶葉を、同じ100gで比べた場合、紅茶の方がカフェイン含有量は多いです。
しかし、コーヒーカップ一杯(180g)に対して使用されるコーヒー豆の量は約10gで、カフェインの量は約100mg。それに対し、紅茶一杯に使われる茶葉は約2~5gでカフェイン量は30mg程度と言われています。
 
普通に一杯飲むだけでは、コーヒーより紅茶の方がカフェイン含有量は少ないのです。
   
また、紅茶に含まれるテアニンという成分があります。テアニンにはリラックス効果があると言われています。カフェインには疲労回復効果や集中力を高める作用があるので、これらを含む紅茶は食後の一杯として効果的であると言えます。



☆ポイントは3つ☆おいしい紅茶の入れ方

f:id:tentsu_media:20170703152113j:plain

『おいしい紅茶の入れ方』 と言われるとなんだか難しそうなイメージがあるかもしれませんが、全くそんなことはありません。ポイントは3つです。
 

1.汲みたての水道水を使う

ミネラルウォーターは含有成分によっては紅茶の色や味に影響が出てしまうことがあるので、汲みたての水道水が最適です。


2.沸騰直後のお湯を使う

熱湯を使うと、お湯の対流によりポットの中で茶葉が浮き沈みを繰り返し、十分に開きます。
カッコいい用語を使うと『ジャンピング』です。


3.最後の一滴まで注ぎきる

最後の一滴までうまみが凝縮されています。


※ちなみにティーバッグを使う場合でも同じです。今はティーバッグにもいろいろな種類があるので、簡単においしい紅茶を入れることができますよ。

代表的な【紅茶の種類】をご紹介

f:id:tentsu_media:20170703152129j:plain

カフェなどでよく目にする紅茶は、ほとんどが産地の名称です。今回は代表的なものをいくつかご紹介します。
 
●ダージリン
インド北東部のダージリン地方で生産される紅茶です。スリランカのウバ、中国のキーマンと共に世界三大銘茶のひとつとして知られています。爽やかな口当たりと芳醇な香りが特徴で、その香りはマスカットのようと例えられます。香りを楽しむためにストレートティーで飲まれることが多いです。
 
●アッサム
インドのアッサム渓谷で生産される紅茶。香りとコクが強いためミルクティーで飲まれることが多いです。
  
●セイロン
セイロンティーはスリランカ産の紅茶の総称です。世界三大銘茶のひとつのウバやディンブラ、ヌワラエリヤなどさまざまな種類の紅茶があります。
 
●アールグレイ
ベルガモットで柑橘系の香りをつけたフレーバーティーのことをアールグレイと呼びます。アールグレイは産地の名称ではないので、インド産やスリランカ産などさまざまな産地の茶葉が使われます。アイスティーとしてよく使われていて、カフェなどで出てくるアイスティーはアールグレイを使っていることが多いです。ストレートでもミルクでもおいしくいただけます。
 
●イングリッシュブレックファースト
モーニングティー用に作られたブレンド茶。メーカーによってブレンドの割合は様々ですが、ミルクや砂糖に合うようにブレンドされるのでアッサムやセイロンを使用するものが多いです。
 
『紅茶派』なんて仰々しく言っていますが、私は香りやコクの強い紅茶が苦手なのでストレートで飲めるセイロンティーが一番好きです。


まとめ

もしこの記事を読んで「メニューに紅茶を増やしてみようかな…」と思った方がいらっしゃったら、個人的なオススメは “イングリッシュブレックファースト” か “ダージリン” です。
 
イングリッシュブレックファーストは、ミルクや砂糖に合うように作られたブレンド茶なので一般的な紅茶と言えます。ダージリンはよく聞く名前なので、お客さんから見て「これを頼んでおけば大丈夫かな…」という意味でオススメです。また、ストレートで飲むのに適していますので、私のような『クセの強い紅茶は苦手』という方にも対応できると思います。
 
カフェインレス」や「デカフェ」というワードが注目されていますが、適度な量であれば紅茶は体によい飲み物です。食後の一杯として紅茶をすすめてみてはいかがでしょうか。
 
紅茶派の方々にも素敵な食後の一杯の時間が訪れますように。
  
ちなみに・・・冒頭の「確認してまいります」と去っていった店員さんは戻って来る時に紅茶を持ってきてくれました!感謝!!

参考HP:紅茶の専門家リプトン | 紅茶の専門家リプトン(Lipton) 日本紅茶協会


緊急アンケート!

ただいま、こちらの記事に多くの反響をいただいております!
ぜひあなたの“一杯”をお聞かせください♪


あお


こんな記事も読まれています

www.tenpo.biz




f:id:tentsu_media:20170703152055j:plain