業態

都内にはない魅力を持つ神奈川県のホット&ディープなエリア『溝の口』【エリア調査マン】

東京都と神奈川県の県境に位置し、都心へのアクセスに優れている『溝の口』。 昭和おやじから女性までもが安心して利用できる『溝の口のおすすめポイント』、昼の溝の口と夜の溝の口、老舗大衆居酒屋からおしゃれ系のお店、平均客単価や周辺の賃料情報、西口…

150種類以上の日本酒が1杯200円~【名酒センター浜松町店】取締役の竹林さんが選ぶ日本酒ベスト3とは?

今回は“日本酒のアンテナショップ”として知られる、浜松町の日本酒立ち飲み屋「名酒センター」をレポート。 日本酒初心者さんやはじめて利用される方、おひとり様や外国の方にも安心な“キャッシュオン”システムの紹介と、銘柄の選び方、名酒センターのルール…

【損益分岐点】食べ放題はなぜ人気?お店目線から考えてみた。

今ではどこでも見かけるようになった食べ放題。 「赤字覚悟!」といううたい文句を目にする事がありますが、赤字ばかり出していたらお店の運営は成り立ちません。 食べ放題のお店がどのように運営・管理しているのかご存じでしょうか。 今回は店舗の運営面や…

中国料理はこんなに奥深い!本場の中国料理の種類とルーツとは

“中国料理”と“中華料理”の違いをご存じでしょうか。 「中国四大料理」「中国八大料理」はご存知ですか。 中国料理といえば、担担麺、餃子、北京ダック、陳麻婆豆腐、饅頭、包子、紹興酒、茅台酒、ヌーベルシノワ…。 今回は地域別の料理分類と、代表的な中国…

チーズタッカルビで再注目?新大久保に韓国ブーム再来!~飲食から美容 新大久保の新トレンドに迫る~

「チーズタッカルビ」旋風を巻き起こしている韓国タウン「新大久保」に迫ります。 トレンド大賞にも輝いたチーズタッカルビの美容効果から、世界中が注目する韓国化粧品、日本初上陸の世界一おいしいかき氷「Snowy Village」。 飲食の最新トレンドから美容ま…

『定額制』は“食べ放題”と並ぶ飲食業界のスタンダードになれるのか?!

今あらためて注目をされている「食べ放題」。 その火種となっているのが「定額制」。 携帯電話などではよく耳にしてきましたが、 実店舗を持つ飲食店での「定額制」の取り組みは、業界内でもまだ珍しいようです。 ファンに還元する!固定客獲得に向けた「定…

新駅誕生でますます注目の「田町」エリア。飲食事情は?【エリア調査マン】

西口側(三田口)と東口側(芝浦口)で大きく雰囲気が異なる田町。 有名私立大学や教育機関、各国の大使館に加え、 図書館、資料館や港区最大級のスポーツセンター、さらには寺社・仏閣や霊園なども点在し、土日の飲食需要も求められ、2020年には新駅も誕生…

飲食店経営者必見!キッチンカーで2店舗目を開業するススメ。【固定店舗×移動店舗】

キッチンカーでの“移動販売”。 週末起業や多店舗展開におススメ! 食フェスや商業施設の路面スペースなど出店場所も増えているキッチンカー。 出店コストは? 成功のポイントは? 車両のレンタルやリースは可能? 週末起業するなら? キッチンカーメニュー体…

優良店に移行するお店が増えた?~居酒屋キャッチの未来は~

都心部に近づくにつれキャッチの数は明らかに減ってしまいました。 「キャッチ=違法」という情報を消費者の多くが認知し始め、経営者も焦りがでていることでしょう。 何よりも良質なキャッチよりも悪質なキャッチの印象が強く芽生えてしまったようです。 果…

スイーツだけじゃない!原宿の飲食店出店のキーワードは「ネオ大衆酒場」?!

甘い匂い漂う原宿にも、革命が起こり始めている。 インバウンドの影響もあり「ネオ大衆酒場」が人気なのだ。 さらに原宿では大型商業ビルが建設中のため、ランチ難民や居酒屋を求める人が確実に増えていく街。 賃料が高く、ターゲットが若年層であることから…

【バルとは?】本場のバルはこんなところだった!本場スペインのバルにビールを飲みに行ってみた

日本でバル業態が爆発的に流行って約10年。 今では「コスパがよく、フラッと飲める洋風居酒屋」を総称して「バル」と言っています。 では、本場スペインバルは日本のバルと何が違うのか? スペインバルの基本、日本のバルにはない独特の文化とマナー、流行の…

「ペッパーフードサービス」から学ぶ立ち食い店の実態

流行の立ち食い店の中でも話題のペッパーフードサービス。2015年度の外食上場企業・売上高伸び率ランキングでは、堂々の一位。立ち食いブームの火付け役は、「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」の、俺の株式会社。“立ち食い業態”の成功を皮切りに、立食形式…